ウイルス対策ソフトとは? アンチウイルスの定義

すでにアンチウイルスソフトをお持ちの方は、これで準備万端だと思われるかもしれません。 しかし、それほど単純ではないかもしれません。 新しい、より賢いサイバー脅威やウイルスが表面化している中、最新のウイルス対策を維持することは重要です。

サイバーセキュリティの防御に少しでも亀裂があれば、サイバー犯罪者はそこから侵入しようとするでしょう。 ウイルス対策ソフトウェアが稼働しており、最新の状態であることを確認することは、良いスタート地点となります。

アンチウィルス・ソフトウェアは何のために設計されているのでしょうか?

アンチウィルス・ソフトウェアは正確には何のために設計されているのでしょうか? ここでは、コンピュータ ウイルスやその他の悪意のあるソフトウェア (マルウェアとも呼ばれる) をスキャンして駆除することを目的としたプログラムのことを言っています。 ウイルス対策ソフトウェアは、データやセキュリティの侵害、その他の脅威から保護するために、オンラインおよびコンピュータ全体のセキュリティ戦略に不可欠な要素です。

コンピュータ・ウイルスは、簡単に言えば、風邪のウイルスに似ています。 コンピュータやデバイスを渡り歩き、自分自身をコピーして、オペレーティングシステムにダメージを与えたり侵入したりする悪質なコードやプログラムを拡散するように設計されています。 ウィルスは、犯罪者が被害者のデバイスにアクセスできるように設計されています。

これらのウイルス、スパイウェア、その他の悪意のあるソフトウェアはマルウェアとして知られており、ユーザーのコンピューターやデバイスに密かにインストールされることがあります。 マルウェアは、デバイスのクラッシュから、ユーザーのオンライン活動の監視や制御まで、あらゆることを行います。 この制御により、ハッカーがスパムを送信したり、個人情報を盗んだりすることが可能になり、最終的には個人情報の盗難につながる恐れがあります。

アンチウイルス・ソフトウェアは、主要なタスクを実行することで、このような種類の脅威に対する保護を提供します。

  • 悪意のあるソフトウェアを検出するために特定のファイルをピンポイントで指定する
  • 自動スキャンをスケジューリングする
  • ユーザーの裁量で、1つのファイルまたはコンピュータ全体をスキャンする
  • 悪意のあるコードやソフトウェアを削除する
  • コンピュータやその他のデバイスの安全性を確認する

サイバー犯罪が進化し、より巧妙になるにつれ、自分のPCであろうとなかろうと、コンピュータを使用することは非常に困難になっています。 自分のPCであろうと、大規模なネットワーク上の他のデバイスであろうと、自分自身やネットワークを無防備にしておくことはできません。

ウイルス対策にはどのような種類がありますか?

ウイルス対策プログラムにはいくつかの種類があり、長年にわたって進化してきました。

マルウェアシグネチャアンチウイルス

マルウェア(悪意のあるソフトウェア)は、あなたの知らないうちにコンピュータやデバイスにウイルスやスパイウェアをインストールします。 マルウェアは、ログイン情報を盗んだり、コンピュータを使ってスパムを送信したり、コンピュータシステムをクラッシュさせたり、基本的にサイバー犯罪者に、あなたのデバイスやそこに保存されている情報へのアクセス権を与え、さらにはあなたのオンライン活動を監視・制御する能力をも与えてしまいます。

マルウェアシグネチャのアンチウイルスソフトウェアは、悪意のあるソフトウェアのデジタルフィンガープリントであるマルウェアシグネチャを検出します。 ウイルス対策は、特定の悪意のあるコードをスキャンし、特定のウイルスを識別し、これらのプログラムを無効にすることができます。

マルウェア・シグネチャによるウイルス対策は、既知のウイルスを検出して駆除するためには重要ですが、新しいウイルスに対応できないという限界があります。 ウイルス対策製品は、単にこれらの新しいウイルス シグネチャを含んでいないのです。

システム・モニタリング・アンチウイルス

ここで、システム・モニタリング・アンチウイルス・ソフトウェアが活躍します。

例えば、ユーザーが見慣れないサイトに接続したり、大量のファイルにアクセスしようとしたり、データ使用量が大幅に増加した場合に警告が出されます。

機械学習型アンチウイルス

もう一つの保護手段として、「正常な」コンピュータやネットワークの動作を監視する機械学習技術を用いることができます。

より具体的には、機械学習による検出は、より広い範囲のマルウェアの検出を容易にするアルゴリズムを実装しています。

機械学習の一例として、マイクロソフトの最新のウイルス対策ソフトウェアの設計があります。このソフトウェアは、Windows 10上で動作する4億台以上のコンピュータからデータを収集し、新しいマルウェアを発見することができます。 (注:明確に言うと、これは診断データであり、消費者は報告を拒否することができます)。 このようなインテリジェンスにより、発見された最新のマルウェアに対応した新しいシグネチャを開発することが可能になるため、これはひいてはシグネチャの重要性に帰結します。

アンチウイルスソフトは何から私たちを守ってくれるのでしょうか?

ハッカーにとってのマルウェアの魅力は、私たちが知らないうちにコンピュータにアクセスしたり、損害を与えたりすることができる点にあります。 ウイルス対策ソフトウェアが保護するように設計された、さまざまな種類の悪意のあるコード、すなわち「マルウェア」について知っておくことが重要です。

  • スパイウェア:機密情報を盗むもの
  • ランサムウェア:金銭を要求するもの
  • ウイルス
  • ワーム:コンピュータ間でコピーを広げるもの
  • トロイの木馬。
  • Adware:広告
  • Spam:迷惑メールの拡散

Windows Defenderでは不十分なのでは?

Windows 8 以降、Windows には Windows Defender と呼ばれるウイルス対策機能が組み込まれ、デフォルトで有効になっています。 しかし、これで十分でしょうか? 答えは「たぶん」ですが、いくつかの可動部品に依存しているため、その有効性は確かではありません。

例えば、Windows Defenderは、従来のウイルスに対する優れた防御機能を備えています。 しかし、通常のウイルス以外の脅威を検出できない場合もありますし、ランサムウェアのようなより巧妙な侵入からデバイスを保護できない場合もあります。 つまり、その効果は、あなたが個人としてどれだけ注意を払うかにもかかっているのです。 あなたは、見知らぬ送信者やウェブサイトからのリンクやメールの添付ファイルをクリックしますか? 安全を確保するためには、さらなる保護が必要でしょう。

Mac用のウイルス対策は必要ですか?

Macやその他のAppleデバイスは、Windowsコンピュータほど頻繁に標的にされることはないかもしれませんが、将来来るかもしれない事態に備えて、追加のウイルス対策をすることは良い考えだと思います。 現時点では、開くものに注意し、見知らぬリンクや添付ファイルをクリックせず、オンラインでの行動に注意していれば、安全かもしれません。 しかし、それは未知のリスクを負うことになりませんか? “今のところ安全」が「もはや安全ではない」に変わるかもしれません。

無料のウイルス対策ソフト。

もうひとつのよくある質問は、無料のアンチウイルス ソフトウェアが私たちを守ってくれるかどうかということです。 しかし、本当に無料のものなどあるのでしょうか。 “無料のアンチウイルスは、広告やトラッキング、ジャンクウェアをインストールすることによって、必然的にサポートし、お金を稼いでいます。

無料のダウンロードには、マルウェアが隠されていることもあります。

無料のダウンロードには、マルウェアが隠されていることもありますので、信頼できるサイトからのみダウンロードしてください。 また、悪質なコードを検出できるように、セキュリティの設定を十分に高くする必要があります。

無料のウイルス対策に頼るかどうかを検討する際に、もうひとつ注意すべきことがあります。 個人情報保護、モバイルセキュリティ、およびデータセキュリティのサポートオプションです。 これらの重要なセキュリティ機能は、無料のソフトウェアではしばしば不足しています。

今すぐノートン 360 に申し込む

上記のようなリスクを考えると、サードパーティのアンチウイルス保護は非常に重要です。 財務情報や個人を特定できる情報 (PII) を自宅のロックボックスに入れて安全にオンラインで閲覧するのか、個人情報や財務情報を盗み見られる可能性がある状態で買い物に行くのか、理論的な違いを意味します。

Norton 360は、これらのサイバー脅威に対する最高レベルの防御機能を備えており、個人情報やオンライン取引を保護し、電子メールやリンクが信頼できるソースからのものであることを保証します。

サイバー脅威から身を守るには、ウイルス対策ソフトだけでは不十分であることを忘れてはなりません。 サイバーセーフティとは、デバイスだけでなく、あなたのアイデンティティとプライバシーを守ることでもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です