オールド・オーバーホルト

黎明期

ドイツ系メノナイトの農夫であるヘンリー・オーバーホルツァー(英語表記:Overholt)は、1800年にペンシルバニア州西部のジェイコブス・クリークのほとりにあるウェスト・オーバートンに移り住んだ。 彼の家族はドイツの中でも、「コーン」と呼ばれるライ麦ウイスキーの蒸留を得意とする地域の出身で、ヘンリーはその伝統を受け継いだのである。

GrowthEdit

Abraham Overholt (1784-1870)

1810年。 ヘンリーの息子エイブラハム・オーバーホルト(1784-1870)が蒸留所の経営を引き継ぎ、ビジネスとして成立させました。 1820年代には、蒸留所は1日に12~15ガロンのライウイスキーを生産していました。 エイブラハムは会社を急速に成長させ、1843年にはボルチモアの新聞にオーバーホルトの「オールド・ライ」の広告が掲載されるようになった。当時、名前を出して広告を出すのはごく少数のトップ蒸溜所だけだった。 1859年には、オーバーホルトは「A.オーバーホルト&社」として事業を法人化しました。

1881年には、エイブラハムの孫であるヘンリー・クレイ・フリックが会社を引き継ぎました。

1881年、エイブラハムの孫であるヘンリー・クレイ・フリックが会社を引き継ぎました。アメリカで最も裕福な人物の一人であるフリックにとって、蒸留所は感傷的なサイドビジネスでした。

1888年、マウクは「オールド・オーバーホルト」という社名を正式に採用し、エイブラハムの写真をロゴマークに加えた。 その頃、同社は製品を樽ではなくボトルで販売するようになった。 1900年には、オールド・オーバーホルトは全米ブランドとなった。

フリックは1919年12月に亡くなり、自分の株をアンドリュー・メロンに託した。

1919年12月にフリックが亡くなり、自分の株をアンドリュー・メロンに託しました。

ProhibitionEdit

ウェスト・オーバートンにあるオールド・オーバーホルト蒸溜所。

1920年の全国的な禁酒令は、アメリカのほとんどの醸造所や蒸留所に大きな打撃を与え、多くの企業が廃業に追い込まれました。 オールド・オーバーホルト社は、当時ハーディング政権下で財務長官を務めていたメロンとの関係もあってか、薬用ウイスキーの販売許可を得ることができました。

1925年、禁酒主義者の圧力を受けたメロンは、ニューヨークの食料品店に会社の株式を売却し、地元の所有権を失いました。

戦争と衰退

第二次世界大戦中、オーバーホルトをはじめとするウイスキー蒸溜所は、政府から工業用アルコールの製造を命じられていました。 第二次世界大戦中、オーバーホルトをはじめとするウイスキー蒸留所は、政府から工業用アルコールの製造を命じられた。 特にライ・ウイスキーは人気がなくなり、1960年代にはオールド・オーバーホルトが全米で流通する唯一のライ・ストレート・ウイスキーとなった。 オールド・オーバーホルトは、1970年代には売上が減少し続け、苦戦を強いられた。 1987年、オールド・オーバーホルトはアメリカン・ブランズの子会社であるジェームス・B・ビーム・ディスティリング・カンパニーに売却され、生産拠点をケンタッキー州に移した。 その後、ジム・ビーム部門はサントリーに買収された。

2015年12月から、ビーム・サントリーのブランドである「オールド・オーバーホルト」と「オールド・グランド・ダッド」は、「ザ・オールズ」として一緒に販売されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です