ゲイの声」ってあるの?

映画監督のデビッド・ソープさんの声は、温かみがあり、少し気取った感じがします。 カデンツは少し浮いていて、”S “は少し強めです。 私が何を言いたいのか分かりますか? 彼はゲイのようだ。

いや、そうなのか? ソープはボーイフレンドと別れて間もなく、自分の話し方や他のゲイの話し方について考え始めました。そして、なぜ両方とも急に気になるようになったのかを考えました。 自分の声を聞いてみると、自分の声とは「同調しない」と感じました。

もっと見る

今週末にIFCセンターで公開されるドキュメンタリー映画「Do I Sound Gay?」の中で、ソープ氏はその時のことをこのように語っています。 軽いテーマのように聞こえますが、ソープは驚くほど深く掘り下げ、あまり問われることのないステレオタイプや自己嫌悪について質問しています。 ソープは自分自身をカメラに収め、スピーチセラピストのもとを訪れ、自分の「upspeak」、「nasality」、「singsong pattern」を指摘されます。 言語学の教授、映画史家、俳優にストレートな声を出すように指導するハリウッドのボイスコーチにも話を聞きます。 また、デビッド・セダリス、ティム・ガン、ドン・レモン、ジョージ・タケイなど、生活のために自分の声を聞かなければならないゲイの有名人にもインタビューしています。 また、街行く人々に、自分がゲイに聞こえるかどうかを尋ねることもあります。 “

このテーマは地雷原のようなものです。というのも、話し方ほど個性に結びつくものはないからです。 ソープが指摘するように、ゲイの若者たちは、自分のセクシュアリティを「伝える」ためには、身体的なものよりも声であることを学ぶことが多いのです。つまり、手首が不自由であれば、抑揚をつけるよりも矯正する方が簡単なのです。 世間のホモフォビアは、内面化されたホモフォビアとなる。 ゲイ・デート・コミュニティ(そしてゲイ・ポルノ)の中でも、超男らしさが習慣的に強調されているため、自己嫌悪は簡単に外に向けられてしまう。 ポップカルチャーのルーツは深く、ヘイズコード以前の映画に登場する貴族のパンジーから、ポール・リンジやリベラーチェのようなウィンクしたキャンプの人物、そして「アラジン」や「ライオンキング」のようなエフェットなディズニーの悪役にまで及んでいます。”

もちろん、すべてのゲイ男性が同じ声を持っているわけではありませんし、「ゲイ」の声を持っているわけでもありません。 ソープは、「ゲイ」に聞こえるストレートの友人(彼はアシュラムで女性に囲まれて育った)と、「ストレート」に聞こえるゲイの友人(彼にはジョックの兄弟がいる)と話しています。 しかし、ソープは、無意識のうちにステレオタイプを採用することを学んだことについて、何か不安を感じていることを認めています。 彼がゲイに聞こえることを選んだのか、それともゲイに聞こえることが彼を選んだのか? 幼なじみの友人は、彼が大学でカミングアウトしたとき、彼の抑揚が急に変わり、今でも彼が話すときの「偽者」の声を聞いている部分があると言います。 カミングアウトして間もない頃、ストレートの友人に「エッジーな声になってきた」と言われたことを思い出しました。

もちろん、この映画の結論は、「ゲイの声」を恥と切り離し、誇りと結びつけることですが、そう簡単ではありません。 “ダン・サヴェージはソープに、「多くのゲイ男性にとって、自分の声に対する憎しみは、内在化したホモフォビアの最後の痕跡であり、最後の塊なのです」と語ります。 考えてみれば、女性的な属性よりも男性的な属性にステータスを与える文化が無数に存在する中で、その障害は非常に大きいものです。 この映画では、ゲイの人たちがそれを補う方法のひとつとして、レジャー階級の上から目線の話し方、つまり「芸術的で頭のいい」話し方を採用することを提案しています。 また、ウィットや知性と言ってもいいかもしれませんが、これは文化的除去の恩恵です。

訛りを消そうと努力する移民、エボニックをめぐる議論、男性の真似をせずに自己主張することの意味を再定義する「リーン・イン」時代の女性など、周縁化されたグループはそれぞれこのジレンマのバージョンに直面しています。 CNNのキャスターであるドン・レモンは、南部黒人のアクセントを消すために、「ゲイ」のアクセントよりも努力したとソープに語っている。 (ゲイの白人男性が黒人女性のスピーチを真似るという現象は、独自の厄介なサブカテゴリーである)。 ヒラリー・クリントンのスピーチパターンは、今はやりのアーカンソー訛りや、「権威ある」男性的な話し方など、言語学者を何十年も悩ませることになるだろう。 最高裁が下したような平等の勝利に助けられて、ゲイやレズビアンが文化的資本を獲得するにつれ、「ゲイの声」も確実に進化していくだろう。 学校でも職場でもテレビでも、隠す必要のない人が増えてくるでしょう。

でも、そうならないことを願っています。 なぜなら、高音の「A」と歯擦音の「S」なしで、「fabulous」をどのように綴ることができるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です