ホットドッグ、ハンバーガー、ベーコンの問題点とは?

世界保健機関(WHO)のがん部門は、アメリカ人のお気に入りの食べ物について、深刻な懸念を抱いています。 国際がん研究機関は、加工肉を発がん性物質(がんを引き起こすもの)に分類しています。

加工肉とは、ホットドッグ、ハム、ベーコン、ソーセージ、一部の惣菜などを指します。 ホットドッグ、ハム、ベーコン、ソーセージ、惣菜の一部など、保存や味付けのために何らかの処理が施された肉のことを指します。 塩漬け、熟成、発酵、燻製などの処理があります。

10カ国の22人の専門家が、800以上の研究を検証して結論を出しました。 その結果、毎日50グラムの加工肉を食べると、大腸がんのリスクが18%増加することがわかりました。 これは、ベーコン4枚分、ホットドッグ1個分に相当します。

全体として、大腸がんを発症する人の生涯リスクは5%です。

米国がん協会は、加工肉と赤身の肉を制限し、野菜、果物、全粒穀物を多く含む食事を推奨してきましたが、今回の調査では、加工肉と赤身の肉を食べることによるリスクの増加は、平均的な生涯リスクを約6%にまで引き上げることになります。

タバコを吸わないこと、健康的な体重を維持すること、定期的な運動をすること、アルコールを控えることも、多くの種類のがんのリスクを下げるのに役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です