レッドラディッシュの健康効果と治療効果

レッドラディッシュ(Raphanus sativus)は、ヨーロッパや南アジア原産の小さな一年草で、アブラナ科に属しています。

  • Read also: How to grow radishes
  • Discover: Recipe that highlight radish.

ピンクラディッシュの健康効果

  • ビタミンCやB9、食物繊維、カリウム、マグネシウムを多く含む赤ラディッシュは、免疫系や神経系の維持に一役買っています。
  • 大根に含まれている硫黄化合物は、スパイシーな刺激を与え、食欲を増進させてくれます。
  • レッドラディッシュは、ゆっくりとした消化をサポートし、空気嚥下症や鼓腸を改善するために推奨されています。
  • 新鮮な大根のスライスは、日焼けや紅斑を冷やしてくれます。

健康に良い大根の育て方

レッドラディッシュを育てるには、暖かくて十分な日光浴が必要です。

大根の苗を好むナメクジやカタツムリに注意しましょう。

赤ダイコンは深さ25cmの鉢に植えますが、間引きをしないと根が太くなりません。 水はけのよい砂質土が適しています

  • Read also: How to grow radish

Cooking red radish for its health benefits

radishラディッシュは、他の野菜と一緒に生で「塩漬け」にして食べたり、千切りにして食べたりしますが、収穫したばかりの方がより美味しく食べられます。

ラディッシュの葉には、鉄分やビタミンなどの栄養素が豊富に含まれています。クリームスープなどに入れてメニューに書き込んだり、他の葉と一緒にミックスサラダに加えたり

、ラディッシュと一緒に噛んだりしてみてください。

ラディッシュの栄養成分

13kcal/3.5oz(100g)。 爽やかで食欲をそそる小さな野菜には、ビタミンCやカリウム、硫黄などのミネラルが豊富に含まれています。

  • 発見!ダイコンを使ったおいしいレシピ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です