健康な大腸を維持するための7つの方法

食物繊維

健康な大腸のためには、食物繊維の多い食品がおすすめです。 ラズベリー、バナナ、プルーン、エンドウ豆、ブロッコリー、豆類、セロリ、全粒粉のパスタなど、食物繊維の多い食品を適量(1日25~35g程度)食べることは、体をきれいにするための素晴らしいスタートとなります。 その他、食物繊維が豊富な全粒穀物としては、玄米、全粒小麦、全粒穀物の朝食用シリアルなどがあります。 食物繊維は消化管内での食物の移動を助け、腸を清潔に保ち、憩いの病のリスクを減らします。

ビタミンD

American Journal of Clinical Nutrition誌によると、大腸がんを予防し、健康な大腸を維持するためには、ビタミンDを安定的に摂取することが有効であるとされています。 ビタミンDは、太陽の光(1日15〜20分浴びれば十分)や、パン、脂身の多い魚、牛乳、シリアルなどの食品を含むさまざまなものから摂取できます。 食物から十分なビタミンDが得られない場合は、サプリメントを利用するとよいでしょう。

Don’t hold it

便意を感じたら、トイレに行ってそのまま出してしまいましょう。 便意を我慢すると、溜まった便が体内に毒素を放出し、憩いの場やIBSの原因になる可能性があります。 定期的な排便は、大腸を清潔で健康な状態に保つ方法の1つです。

水分補給が不十分だと、体内に毒素が蓄積されます。 毒素が蓄積されると、便秘、膨満感、ガス、IBS、疲労などのリスクが高まります。

運動

大腸の健康を維持するためには、運動が非常に重要な要素となります。 運動して血流や循環を良くすることで、大腸(および消化器系全体)に酸素が供給されます。 これにより、大腸がんなどの病気を防ぐことができます。 運動といっても、過激なものでなくても構いません。

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査は決して楽しいものではありませんが、大腸がんの予防と早期発見には欠かせません。 50歳以上の方は、大腸の健康を維持するために、大腸内視鏡検査を受けることが必要です。 また、下痢や便秘が続いている場合は、大腸や腸に問題がある可能性がありますので、医師に大腸内視鏡検査について相談してみてください。

大腸をきれいにする

大腸をきれいに保つには、自然な方法もあります。

大腸洗浄はよく行われている方法で、大腸に溜まった毒素や老廃物を洗い流してくれると言われています。 便秘に悩まされている方にとって、コロンフラッシュは規則的な排便を取り戻し、大腸の健康を回復するための最良の方法です。 コロンフラッシュには、様々な種類のハーブやミネラルが含まれており、お客様のニーズに合わせてご利用いただけます。 自分でできる結腸洗浄キットもありますが、初めての方は専門家に相談してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です