反芻思考にまつわる5つの神話

反芻とは、感情的なことを繰り返し考える思考プロセスを指します。 反芻は多くの精神疾患と関連しているため、反芻とは何かを理解することが重要です。

Myth: Ruminating thoughts are always adverse.

Fact: Ruminating thoughts can be positive and beneficial.

ネガティブな思考は、うつや不安につながります。 ネガティブな反芻とは、悲しい感情やネガティブな感情を引き起こす考えに繰り返し焦点を当てることです。 一方、ポジティブな反芻は、良い感情を引き起こす思考に繰り返し焦点を当てることが特徴です。 楽しい瞬間にどれだけ幸せな気分になるかを追体験することは、ポジティブな反芻の例です。 ポジティブな反芻は、抑うつ症状を防ぎ、自信を高める効果があります。 さらに、陰鬱な考えを減らし、ポジティブな反芻を増やすことで、鬱症状を改善できる可能性があります。

Myth: 反芻は常に基礎的な精神疾患を示している

Fact: ある程度の反芻は正常です

生活に支障がなければ反芻は正常かもしれません。 通常の反芻は一時的で気を紛らわせることができ、またポジティブなものとネガティブなものの両方があります。 残念ながら、ネガティブな反芻はすべての不安障害の一部である。 うつ病も反芻思考と関連しています。 うつ病の人は、不安を高めるテーマについて反芻する傾向があります。 このように不安が高まると、機能が阻害され、さらにうつ状態が強くなります。 心的外傷後ストレス障害や強迫性障害の人も、通常よりも反芻する傾向があります。

Myth: 反芻はまれな症状である

Fact: 誰もが反芻する

反芻は非常によくあることです。 誰もが人生のどこかで反芻思考を経験したことがあるでしょう。 ポジティブな反芻とネガティブな反芻があるのは普通のことです。 そのため、反芻の統計を取ることは困難です。

しかし、うつ病や不安症の人では反芻の頻度が高いことが知られており、うつ病や不安症を予測することもできます。

Myth: Rumination gets worse at age.

Fact: Children and older individuals the least ruminate.

反芻は子供にはあまり見られません。 思春期前の脳は反芻に必要なスキルをまだ発達させていないため、反芻思考は思春期になって初めて観察される傾向があります。 思春期には、怒り、悲しみ、不安などの感情が反芻の原因となります。 その後、反芻率は上昇し、最も反芻率が高いのは25歳以下となります。 その後、年齢とともに反芻の割合は減少していきます。 63歳以上の高齢者は反芻回数が最も少ない。

Myth: 反芻思考はコントロールできない

Fact: 衰弱した反芻思考を克服することは可能です。 反芻する思考を止める方法を学ぶことは可能です。 反芻を止めるには、ネガティブな循環的思考の習慣を断ち切ることが必要です。

反芻思考を止める方法を学ぶことは可能です。

反芻思考に対処するために、暴飲暴食などの暴走行為に走ることもよくあります。 もしあなたが反芻思考に対処するためにアルコールや物質に頼っているのであれば、The Recovery Villageがお手伝いします。 私たちは、依存症や精神疾患を併発している方のための包括的な治療プランを用意しています。 詳しくは、今すぐお問い合わせください。

  • 資料

    Sansone, Randy A & Sansone, Lori A. “Rumination: Relationships with Physical Health.” Innovations in Clinical Neuroscience, February 2012. Accessed May 23, 2019.

    Smith, Jeanette M & Alloy, Lauren B. “A roadmap to rumination: A review of the definition, assessment, and conceptualization of this multifaceted construct.” (英語) Clinical Psychology Review, March 5, 2010. Accessed May 23, 2019.

    Gilbert, Kirsten, et al. “Dampening, Positive Rumination, and Positive Life Events: Associations with Depressive Symptoms in Children at Risk for Depression”. 認知療法と研究、2016年8月17日。 Accessed May 23, 2019.

    Harding, Kaitlin A & Mezulis, Amy. “Is Rumination a Risk and a Protective Factor?” ヨーロッパの心理学のジャーナル、2017年3月3日。 Accessed May 23, 2019.

    Feldman, Greg C, et al. “Responses to Positive Affect: A Self-Report Measure of Rumination and Dampening.” Cognitive Therapy and Research, August 1, 2008. Accessed May 23, 2019.

    Mezulis, Amy and Harding, Kaitlin. “Is Rumination a Risk and a Protective Factor?” Europe’s Journal of Psychology, March 3, 2017. Accessed May 23, 2019.

    Tartakovsky, Margarita. “反芻することが問題になるとき” Psych Central, October 8, 2018. Accessed May 23, 2019.

    Michael, T. “Rumination in Posttraumatic Stress Disorder”. Depression & Anxiety, October 13, 2006. Accessed May 26, 2019.

    Murray Law, Brittany. “Probing the depression-rumination cycle: Why chewing on problems just makes them harder to swallow.” (英語) American Psychological Association, November 2005. Accessed May 26, 2019.

    Johnson, Daniel P & Whisman, Mark A. “Gender differences in rumination: A meta-analysis.” Personality and Individual Differences, August 1, 2014. Accessed May 23, 2019.

    Grierson, A. B. “The role of rumination in illness trajectories in youth: linking trans-diagnostic processes with clinical staging models.” Psychological Medicine, May 12, 2016. Accessed May 23, 2019.

    Sütterlin, Stefan, et al. “Rumination and Age: Some Things Get Better.”. Journal of Aging Research, December 13, 2011. Accessed May 23, 2019.

Medical Disclaimer: The Recovery Villageは、行動健康状態の性質、治療の選択肢、およびそれらに関連する結果についての事実に基づいたコンテンツを提供することで、物質使用障害やメンタルヘルス障害に悩む人々の生活の質を向上させることを目的としています。 私たちは、資格を持つ医療専門家によって調査、引用、編集、レビューされた資料を公開しています。 私たちが提供する情報は、専門的な医学的アドバイス、診断、治療の代わりになるものではありません。 また、主治医やその他の資格を有する医療従事者のアドバイスの代わりに使用することはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です