正常な体重変動とは? And Why Does It Happen?

1日に5ポンドの変動というと、(特に小柄な人にとっては)大変なことのように思えます。

大食い

まず、昨日大食いしたり、食べ過ぎた週末に体重を測ったりすると、体重が増えるのは当然のことです。

しかし、これは太ももやお腹に余分な脂肪がついたということではないかもしれません。

栄養素の種類

一方で、昨夜のビールやハンバーガーで摂取した多量栄養素の種類によって、体に溜まる水分量が変わります。

「タンパク質や炭水化物などの栄養素が体内に蓄積されると、それに伴って水分も蓄積されます」とDanahy氏は言います。 実際、体がグリコーゲンとして蓄える炭水化物1グラムにつき、3グラムの水を保持します。Fernández-Elías VE, et al.(2015). ヒトの暑さの中での長時間の運動後の筋肉の水分とグリコーゲンの回復との関係。 https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25911631/

ナトリウム、または「塩」は、体重計で見られる前後のダンスのもう一つの一般的な原因です。

このミネラルは水を血流に引き込みますが、これは血圧を上げるだけでなく、体重部門で少し余分な重さを生み出す可能性があります。

生理中

最後に、女性の生殖器系を持つ人にとって、生理中はかなりの水太りを伴います。

フロおばさんが来るきっかけとなるプロゲステロンとエストロゲンの低下は、体液の貯留を引き起こします。 ある研究では、65%の女性がPMSに関連したむくみを経験していることがわかりました。Tacani PM, et al.(2015). 月経前症候群における症状と浮腫の分布の特徴。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4362892/

曜日

週末にお酒を飲んだり、テイクアウトしたりした後は、体重は当然、平日に比べて少し高くなります。

これは単なる常識ではなく、体重は土曜日に増加し始め、火曜日に減少することが多いことを研究が裏付けています。 Weight rhythms: 体重は週末に増加し、平日に減少します。 https://www.karger.com/article/fulltext/356147 Take that, weekend!

この研究では、1週間のうちに体重が変動することはまったく自然なことであり、体重の増減の具体的な兆候としてとらえるべきではないことが改めて示されています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です