自給自足の農業

転作農業編

Main article:

このタイプの農業では、森林を伐採(切り倒し)と焼畑を組み合わせて開拓し、作物を栽培します。 2~3年後に土壌の肥沃度が低下してくると、その土地は放棄され、農民は森の別の場所に新たな土地を開拓していくというプロセスを繰り返します。 休耕している間に、伐採地では森林が再生し、土壌の肥沃度とバイオマスが回復します。 10年以上経ってから、最初の土地に戻ってくることもあります。 このような農業形態は、人口密度が低い場合には持続可能ですが、人口密度が高い場合には、より頻繁に伐採を行う必要があり、土壌の肥沃度の回復が妨げられ、森林の天蓋が開き、大木を犠牲にして低木化を促進し、最終的には森林破壊と土地浸食を引き起こします。 移動栽培は、インドではドレッド、インドネシアではラダン、中米・メキシコではミルパ、北東インドではジャミングと呼ばれています。

原始的な農業

この「焼き畑」は新しい土地を開拓するための方法ですが、一般的には、農家は同時に家の近くに小さな畑(時には庭)を持っていて、「焼き畑」で土地を開拓し、(焼き畑によって)肥料(灰)を供給できる畑が不足するまで、「非転作」の技術を集中的に実践します。 ホームステッドの近くにある庭には、家庭のゴミが定期的に捨てられ、家庭や鶏、ヤギの糞尿は、最初は邪魔にならないように堆肥の山に捨てられます。 しかし、このような農家は、そのような堆肥の価値を認識しており、小さな畑に定期的に施肥しています。

少なくとも熱帯アフリカのいくつかの地域では、そのような小さな畑は、作物を育てるためのベッドになっていることがあります。

遊牧 編集

この種の農業では、人々は動物の飼料を求めて、動物と共にあちこちに移動します。 一般的には、牛、羊、ヤギ、ラクダ、ヤクなどを飼育し、ミルク、皮、肉、羊毛などを得ます。 このような生活様式は、中央・西アジア、インド、東・南西アフリカ、ユーラシア大陸北部の一部でよく見られます。 ヒマラヤの遊牧民であるBhotiyasやGujarsがその例です。 彼らは、ロバや馬、ラクダの背中にテントなどの荷物を乗せて運びます。 チベットやアンデスなどの山岳地帯では、ヤクやリャマを飼育しています。 寒帯や亜寒帯の地域ではトナカイが家畜として活躍しています。

集約的自給自足農業

集約的自給自足農業では、農家は小さな土地を簡単な道具と多くの労働力で耕します。 日照時間の長い気候と肥沃な土壌のおかげで、同じ土地で毎年複数の作物を栽培することができます。 農家は小さな土地を使って自分たちの地域で消費するのに十分な作物を生産し、残った作物は他の商品との交換に使われます。 その結果、他の自給自足パターンに比べて、1エーカーあたりの食料生産量がはるかに多くなります。 最も集約された状況では、農家は急な斜面に段々畑を作り、水田を耕すこともあります。 このような田んぼは、フィリピンなどのアジアの人口密集地に見られます。 また、肥料や人工的な灌漑、動物の排泄物などを利用して集約化を図ることもあります。 集中的な自給自足農業は、南アジア、南西アジア、南東アジアのモンスーン地域の人口密集地に多く見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です