説教が説明的であるかどうか、どうやって知ることができますか? – Jason K. Allen

説明的な説教とはどのようなものでしょうか。 さらに言えば、説教者は自分が説明的な説教をしたかどうかをどうやって知ることができるのでしょうか?

この質問は、人が最初に認識するよりも少し角が立っています。 ここ数ヶ月、複数の説教者が自分の説教スタイルを「説明的」と表現するのを耳にして、私はこの疑問を感じていました。

残念なことに、「説明的説教」という呼び名があまりにも大きくなりすぎて、まったく役に立たないとは言わないまでも、ほとんど不十分な呼び名になってしまいました。

実際、「説明的説教」という呼称は、「福音主義」という呼称と同じになってしまいました。

では、説明的な説教とはどのようなものでしょうか。 説明的説教は、テキストを説くことを約束することから始まります。 このコミットメントは、「すべての聖書は神の霊感によるものであり、教え、戒め、矯正、義の訓練のために有益である」という聖書の自明性に根ざしており、説教者の主な任務は「御言葉を説く」ことです。 その際、説教者は「すべての肉は草のようであり、すべての栄光は草の花のようである」というような約束を掲げています。 草は枯れ、花は散るが、主の言葉は永遠に続く」

これらの聖句は、他の多くの聖句と同様に、聖書の説明に根拠を与えていますが、説明的説教の本質的な特徴を明確にしているわけではありません。 しかし、聖書に裏付けられ、古典的な定義の中でも一貫している3つの重要な特徴があります。 アリスター・ベッグ、ハドン・ロビンソン、ブライアン・チャペルが説明的説教をどのように定義しているかを考えてみましょう。

ベッグは説明的説教を「キリストを称賛し、行動の必要性を突きつけながら、聞き手の世界と接触するような方法で聖書のテキストを展開する」と定義しています。”

数十年にわたって神学校の教室で標準的な問題となっているRobinsonの定義では、「文脈の中での一節の歴史的、文法的、文学的な研究から導き出され、それを通して伝えられる聖書の概念の伝達であり、聖霊がまず説教者の個性と経験に適用し、次に説教者を通して聞く人に適用するものである」と説明しています。”

チャペル氏は、説明的な説教は次のような場合に行われると主張しています。「説教の主旨(トピック)、その主旨の区分(メインポイント)、それらの区分の発展(サブポイント)のすべてが、テキスト自体に含まれている真理から来ている。 テキストの重要な部分が無視されることはありません。

注意していただきたいのは、「みことばを説く」ということは、以下の3つの本質によって特徴づけられるということです。

2.説教の要点、および説教の小要点が本文から導き出される必要があること。

3.説教の適用が本文から導き出される必要があること、および本文が会衆にもたらされる必要があること。

この3つのマークは、確かに最小限のものですが、必要不可欠なものです。

では、ある説教が説明的なものであるかどうかは、どのようにして分かるのでしょうか。

  • テキストは、直近の文脈とより広い聖書の文脈の両方を考慮して、正確に解釈されているか。
  • 説教の要点とその小論が本文から導かれているか
  • 説教の適用が本文から来ているか、また、本文が会衆に生かされているか

説明家は、単に本文から説教したり、本文について説教したりするのではありません。 説明者はテキストを説くのです。

I Peter 1:23-25.

Alistair Begg, Preaching for God’s Glory (Wheaton, IL: Crossway Books, 1999), 23.

Haddon W. Robinson, Biblical Preaching (Biblical Preaching), 23.

この3つの要素が、説明的な説教を特徴づけます。 Robinson, Biblical Preaching: The Development and Delivery of Expository Messages (Grand Rapids: Baker Book House, 1980), 21.

Bryan Chapell, Christ-Centered Preaching: Redeeming the Expository Sermon (Grand Rapids: Baker Academic, 2005), 131.

*この記事は12/6/15に投稿されたものです*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です