陳腐化した請求に対する防御策 Res Judicata and Collateral Estoppel

クレームや問題を再検討しようとする原告に直面したとき、res judicataとcollateral estoppelの教義は、原告がリンゴを二度食べることを防ぐための肯定的な防御として機能します。

「res judicata」とは、本案に対する最終判決の決定的な効果のことです。

「res judicata」とは、本案に対する最終判決の決定的な効果を意味します。res judicata(請求の排除)とは、同じ当事者または当事者と密接な関係にある当事者間での2回目の訴訟において、同じ訴因の再審理を防ぐものです…res judicataの原則では、原告が訴訟で勝訴した場合、その訴因は判決に併合され、その後の訴訟で主張することはできません。 (Mycogen Corp. v. Monsanto Co. (2002) 28 Cal.4th 888, 896-897)

その後の判例であるDKN Holdings v. Faerber (2015) 61 Cal.4th 813では、派生的責任がプリビティを確立すると説明しています。 “被告の責任が先の訴訟の当事者の責任から完全に派生したものである場合、請求権排除は、第2の被告が先の訴訟の当事者とプリビティに立っているため、第2の訴訟を禁止する。 派生的な責任の性質は、別々の被告の利益を密接に一致させるため、それらは同一の当事者として扱われます。 排除を支持する派生的責任は、企業とその従業員(Sartor v. Superior Court (1982) 136 Cal.App.3d 322, 328; Lippert v. Bailey (1966) 241 Cal.App.2d 376, 382)、総合請負業者と下請け業者(Thibodeau v. Crum (1992) 4 Cal.App.4th 749, 757)、証券業者の協会と会員エージェント(Brinton v. Bankers Pension Services, Inc. (1999) 76 Cal.App.4th 550, 557-558)、そして疑われた共謀者間(Richard B. LeVine, Inc. v Higashi (2005) 131 Cal.App.4th 566, 579)などがある。 (DKN Holdings LLC, supra 61 Cal.4th at 827-828.)

肯定的な抗弁としてのres judicataの適用を判断する鍵は、まず、原告が以前に最終的に訴訟された同じ訴因を再主張しているかどうかを特定することです。

対照的に、付随的禁反言や問題の排除では、最初の訴訟で実際に訴訟され決定された問題を、前の判決が決定的に解決します。 (DKN Holdings LLC, supra 61 Cal.App.4th at 824) 問題の先取特権は以下の場合に適用されます。 (1)最終的な裁定の後、(2)同一の問題、(3)最初の訴訟で実際に訴訟され、必然的に決定された問題、(4)最初の訴訟の当事者またはその当事者と密接な関係にある者に対して主張された問題。 (Lucido v. Superior Court (1990) 51 Cal.3d 335, 341; Vandenberg v. Superior Court (1999) 21 Cal.App.4th 815,828; Teitelbaum Furs v. The Dominion Insurance Company LTD (1962) 58 Cal.2d 601, 604)

根拠は同じですが、付随的禁反言は、単なる技術的な問題ではなく、実際に訴訟されて判断された同一の問題のみを禁じるという点で、res judicataとは異なります。 裁判上の権利と同様に、付随的禁反言は、最初の訴訟と同じ当事者、またはその当事者と密接な関係にある者が関与する場合に適用されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です