陸軍誕生日 – 2021年6月14日

陸軍誕生日の歴史

アメリカ陸軍は245年の歴史を持っています。 誕生日のロウソクの数が多いですね。

この誕生日は、1775年に第2回大陸会議で大陸軍が結成され、ジョージ・ワシントン将軍の下で英国と戦うために指揮された日です。

もちろん、アメリカ陸軍はもともと現在のように世界最強の軍隊ではありませんでした。 元々の「軍隊」は、イギリスから自分たちの土地を守りたいという情熱と献身を持っただけの志願兵、アマチュア部隊、ミニットマンなどから形成されたものです。 実はアメリカには、国が正式に存在する前から軍隊が存在していました。 独立した植民地軍が、経験の浅い民兵を指揮していたのです。

アメリカで独立戦争が始まったのは1775年4月19日、レキシントンとコンコードでマサチューセッツ州の民兵とイギリスの正規軍がマスケット銃を撃ち合ったことがきっかけでした。 コネチカット州、ロードアイランド州、ニューハンプシャー州では、兵士たちが警戒に応じ、イギリス政府と4つの植民地の間に戦争状態が漂っていた。 観測軍と呼ばれるニューイングランド人の部隊がボストンを包囲し、占領したイギリス軍を包囲したが、彼らには助けが必要だった。 13の植民地すべての代表者に声をかけ、アメリカの自由のための戦いに参加することを要請したのです。

5月10日にフィラデルフィアに集合した大陸軍の代表者たちは、ニューヨークのシャンプレイン湖畔にあるタイコンデロガとクラウンポイントのイギリス軍砦が、ベネディクト・アーノルドとイーサン・アレンに率いられた武装集団によって占領されたことを知りました。 和解を実現するためには、この軍事クーデターに対処する必要があると考えた代表者たちは、事態を一気に危機的なものにした。 次のステップは、議会によって行われ、最終的に小さな反乱を独立のための完全な戦争へと変えた。 大陸軍の設立により、現在のアメリカ軍が誕生したのです。

かつては4万8,000人を超える大陸兵がいなかった時代もありました。 今日、アメリカ陸軍は100万人以上の兵士が勤務しており、さらに80万人の予備役と州兵がいます。

米陸軍の回復力とその歴史は、軍隊が平和維持にいかに不可欠であるかを物語っています。 陸軍の誕生日には、イベントや式典で感謝の気持ちがとてつもなく大きく表現されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です