魚を安全に再冷凍できますか

魚を安全に再冷凍できますか? 一言で言えば、「場合による」です。 正しい方法を知っていれば、ほとんどの場合、魚を再冷凍することができますが、その多くは、最初にどのように解凍したかにかかっています。

魚を安全かつ適切に再冷凍する方法を知っていれば、冷蔵庫に入っている魚を数日間にわたって調理できないことがわかっている場合、料理の生命線となります。例えば、数切れの切り身を解凍したものの、別の夕食の計画を立てていたり、魚が化けてしまう前に食べきれないほどの量の魚がある場合などです。

しかし、今冷蔵庫にある魚を再冷凍するための最良の方法を説明する前に、いくつかの重要な「やるべきこと」と「やってはいけないこと」を説明しましょう。

冷蔵庫で解凍した魚を再冷凍することは可能です。

米国農務省のガイダンスによると、冷蔵庫で解凍した食品を再冷凍しても問題ありません(もちろん、冷凍庫に戻す前に腐敗していなければの話ですが…)。 触ると冷たいという冷蔵庫のような温度を一貫して維持しているタンパク質であれば、つまり細菌が増殖するような温度になっていなければ、問題なく再冷凍することができます。

これは、まだ生の魚介類にも、調理済みの魚介類にも当てはまります。 お友達とのディナーの約束が急遽変更になったとします。 オヒョウのステーキをラップに包んで、来週末のディナーに使いましょう。 サーモンカレーを作りすぎてしまった場合、再冷凍できますか? 余った分は冷凍保存可能な容器に入れて、また別の機会に楽しむことができます。

半解凍のものでも再冷凍できます。

言うまでもなく、一部だけ解凍したものも再冷凍できます。

風見鶏の帆立貝を調理したいけれど、パックごと使う必要はない? 冷蔵庫で少しずつ解凍して、パックが割れるくらいまで解凍したら、使わない分は冷凍保存用の袋に入れて冷凍庫にしまっておけばいいのです。 また、キャプテンズカットのように、どうしても今日使いたい部分がある場合は、冷蔵庫でバラバラになるくらいまで解凍し、使わない部分をラップして冷凍庫に保存しておくとよいでしょう。

急速に解凍した魚介類をシンクで再冷凍しないでください。

流し台で適当に急速解凍した魚介類は、絶対に冷凍庫に戻してはいけません。 それどころか、冷蔵庫に戻して日持ちさせるのもやめたほうがいいでしょう。 急速解凍されたタンパク質は、解凍されたらすぐに調理する必要があります。

これには理由があります。 魚を冷蔵庫で一晩かけて解凍するのではなく、冷水で急速に解凍した場合、細菌が繁殖しやすい温度になっている可能性があります。 冷凍庫がこれらの病原菌を破壊するとは思わないでください。 冷凍庫は細菌の成長を遅らせることはできますが、実際に細菌を殺すことはできません。 食中毒の原因となる魚の病原菌を死滅させる唯一の方法は、145度まで加熱することです。

再冷凍の注意点と品質への影響

まとめます。 解凍した魚を安全に再冷凍できるか? はい、安全に解凍されていれば問題ありません。

しかし、再冷凍する必要があるのかどうかを考えてみましょう。 気をつけなければならないのは、解凍や再凍結は魚の品質に影響を与えるということです。

氷の結晶ができて溶けるときには、必ず水分が失われ、魚介類は毎回少しずつジューシーさを失い、タンパク質自体の食感も損なわれます。 凍結の効率が悪ければ悪いほど、つまり魚介類が凍るまでの時間が長ければ長いほど、製品の品質は低下します。 だからこそ、新鮮で高品質な商品をお客様にお届けするためには、瞬間冷凍が欠かせないのです。

たとえ高品質な魚介類を扱う業者であっても、お客様の手元に届くまでに少なくとも一度は解凍・再凍結を行います。 獲れたての魚を最高の品質に保つためには、獲れた直後に瞬間冷凍し、その後、消費者向けに加工・包装するために解凍し、再び瞬間冷凍する必要があります。 この解凍と再凍結のプロセスが正しく行われれば、いつも素晴らしい魚を手に入れることができるのです。

魚をプロのように再冷凍する方法

ほとんどの人は瞬間冷凍庫を利用することはできませんが、常識的な食品保存方法を使って、家庭でできる限り効率的に食品を冷凍することができます。

魚は日にちが経つと鮮度が落ちてしまうので、できるだけ早く再冷凍するようにしましょう。 魚に火が通っている場合は、常温まで冷ましてから(あるいは冷蔵庫で冷やしてから)冷凍庫に移すようにしましょう。 今、冷蔵庫に入っていれば、ラップをして再冷凍する準備ができています。

魚を最も早く凍らせる方法は、フリーザーバッグや冷凍庫対応の容器に入れる際に、できるだけ表面積を大きくすることです。 切り身の場合は、ビニール(フーズバーがあれば真空パック)に包んで、フリーザーバッグに1枚ずつ入れて完全に凍るまで保存します。 冷たい空気が循環するように、魚の周囲には十分なスペースを確保することが基本です。 凍った後は、好きなように重ねて保存することができます。

再冷凍した魚は、いくら自宅で包んで保存しても冷凍焼けを起こしやすいので、早めに使うことをお勧めします。

必要に応じて解凍して再冷凍することもできますが、品質が著しく低下するため、お勧めできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です