Beating Your Biological Clock – How It Works

Beating Your Biological Clock
Written by:

体内時計はどのように働くのか?

生まれ持ったもの

Biological_Clock_cover

Biological_Clock_cover

覚えておいていただきたいのは、女性は生まれたときからすべての卵子を持っていて、一生の間に新しい卵子を作ることはないということです。 女性は生まれたときに約200万個の卵子を卵巣に持っていますが、思春期前には毎月約1万1000個の卵子が死んでいきます。 10代では30万〜40万個の卵子しか残っておらず、その時点から毎月約1,000個の卵子が死ぬ運命にあります。 この現象は、ホルモンの分泌や避妊薬、妊娠、栄養補助食品、さらには健康や生活習慣などとは全く関係ありません。 排卵があっても、卵巣抑制があっても、刺激があっても、毎月約1,000個の卵子の死は止められないのです。 卵子がなくなると、卵巣はエストロゲンの分泌を停止し、女性は閉経を迎えます。 しかし、男性には同じような現象はありません。

多くの集団研究により、平均的な女性は40歳以前に不妊になり、50歳までに閉経することが数十年にわたって実証されています。 妊娠可能な女性を対象とした初期の人口調査によると、女性の生殖能力の終焉の平均年齢は、閉経よりも約10年から13年早い。

西欧諸国の女性の平均寿命は現在84歳ですが、1900年には50歳、1850年には42歳でした。 一方、現代の少女が月経を開始する平均年齢は、13〜14歳から10〜11歳に低下しています。 平均寿命も初潮年齢も、閉経の平均年齢には影響しません。 実際、どの時代のどの集団を調査しても、平均閉経年齢は50歳前後で一定しています。 20代で閉経する女性もいれば(POF、つまり早発卵巣不全のため)、20代で閉経する女性もいます。

このように女性によって卵子の数に大きな差があることが、早期(20代後半から30代前半)に生殖能力を失うか、あるいは40代半ばから後半まで子供を持つことができる幸運な女性になるかを決定するのです。 平均的な女性は、思春期に30万個から40万個の卵子を持っています。 毎月、平均1,000個の卵子が死滅し、そのうち1,000個の卵子が排卵することになります。 37歳になると、平均的な女性の場合、残りの卵子は約2万5千個になります。 卵巣に2万5千個の卵が残ると、約13年で閉経を迎えます。 このように、平均的な女性は、卵巣予備能が約2万5千個になる37歳以前に不妊症になり始め、50歳で閉経を迎えます。 しかし、この平均値には大きなばらつきがあります。

FIGURE 3: The decreasing follicle pool and age related decline in female fertility.
FIGURE 3: The decreasing follicle pool and age related decline in female fertility.
では、卵胞数の減少と年齢による女性の生殖能力の低下について説明しています。

停留所の卵胞と卵巣予備軍

停留所の卵胞数の超音波検査で体内時計の位置がわかることを理解するには、毎日約30~35個の卵が死んでいることを思い出してください。 1ヶ月に1,000個という数字はここから来ているのです。 卵子が死ぬのは、休眠中の卵子プールから出てきて、排卵可能な卵子になるための3ヶ月間の長い発育を開始したときです。 挑戦した1,000個のうち、成功するのは毎月1個だけです。 つまり、毎日、卵巣の中で安全に休んでいる30個ほどの卵は、静止期にあることで加齢の影響から守られていますが、科学者がまだ理解していない何らかのシグナルによって、月経周期や排卵周期とは完全に切り離された、非常に長い(約3ヶ月間)発育過程に入ります。 その3ヶ月間の成長が、卵胞が毎月の月経周期のホルモンの影響を受けるようになる葯期に達すると、FSHによって救出されなければ、卵胞は急速に死滅し、消滅してしまいます。

卵巣の中にある卵子は、休眠状態の卵胞の中に入っています。 毎日、30〜35個の休止卵胞が85日間の発育を経て、最終的に排卵しようとします。 卵巣の中を見ると、卵胞(とそれを包む卵)は、いつでも休息中または成長中のあらゆる段階にあります(図4参照)。 初期の原始卵胞(静止している卵胞)、やや大きめの原始卵胞、大きめの前卵胞(液体で満たされた空間を形成し始めている卵胞)、そして、超音波で確認できるようになったばかりの直径約1〜2mmの肛門側卵胞があります。 また、周期の中間である14日目には、通常、排卵前の優位な卵胞が存在します。 排卵後、その卵胞は黄体となり、プロゲステロンを分泌し始めます。

図4: ヒトの卵巣における卵胞のさまざまな段階。
FIGURE 4:

Learn more about:

毎月、周期の最初の2週間に1つの卵胞だけが発育し、最終的には約14日目(通常の28日の排卵月経周期)に卵子が排卵される20ミリの大きな卵胞になると、しばしば誤って考えられています。 この単一の優勢な卵胞が毎月発達し、エストロゲンの産生が増加し、下垂体ホルモンであるFSHとLHによって毎月の周期が調節されますが、これは全体像のごく一部に過ぎません。つまり、妊娠可能な若い女性であれば20万個もの卵子が含まれている卵巣の中で、1個の卵子に何が起こっているかを示しているに過ぎないのです。 排卵する運命にあるこの1つの卵子は、現在の28日の月経周期が始まる前の70日間、卵巣内で発達していた30個ほどのはるかに小さな前胸部および前胸部の卵胞のうち、単一の優勢な卵胞として発達しました(図5参照)。

図5:
FIGURE 5.卵胞発育の85日目。

卵巣にある30~40万個の卵胞のほとんどは、毎月何もしないで静止していますが、その原始的なプールの中から、毎日一定数(平均30~40個)の卵胞が発育し始めます。 発育してから約70日後には、これらの卵胞は約2ミリの大きさに成長し、その大きさは現代の高品質な超音波スキャンで容易に確認することができます。 卵胞が成長する最初の70日間は、ホルモンの影響を全く受けません。 FSHや毎月のホルモンサイクルの影響はまだありません。 卵胞の大きさが0.2ミリから2ミリの間になると、下垂体からのFSHの刺激に敏感に反応するようになります。

先に述べたように、休息プールを出る卵胞の数(排卵される幸運な卵子になるか、無精子症になる不運な卵子になるかの運命)は、平均して約30個です。 1日平均30個、1ヶ月平均1,000個の卵胞が休息プールを離れることになりますが、この数は女性の年齢と生殖能力の低下に関係しています。 この数は、女性の年齢と生殖能力の低下に関連しています。したがって、女性がまだ20歳のときには、1日あたり平均37個の卵胞が休止期を脱します。 35歳になると、1日平均10個の卵胞が休止期に入り、45歳になると1日平均2個の卵胞が休止期に入ります。 つまり、1日あたりに発情期を迎え、FSHの刺激によって死を免れることができる卵胞の数は、女性の年齢に反比例するということです。

そのため、卵巣に残っている卵胞の数は、18歳の時の平均40万個から37歳の時の平均2万5千個まで、着実に減少していきます。 37~38歳を過ぎると、毎月の卵子の減少が劇的に加速されます。 それまでの20年間の着実な減少により、卵/卵胞の数がすでに減少しているだけでなく、37歳以降の減少率はそれまでよりもさらに急になります(図6参照)。 この休止状態のプールを出て、将来の排卵に向けて3ヶ月間の発育過程に入る1日あたりの卵胞数は、卵巣内に残っている卵子の数に比例して劇的に減少します。 停留卵胞が超音波検査で確認できる大きさ(1〜2mm)になると、ホルモン刺激を受けやすくなり、停留卵胞の数は卵巣予備能に正比例します。

体外受精のための排卵誘発サイクルで採取できる卵子の数も、前庭卵胞数でわかります。 このことを理解するために、通常の月経周期における単一の卵子の排卵について簡単に説明し、体外受精のために複数の卵胞の発育を促すFSH注射を行った場合にどうなるかを説明します。 年齢に関係なく、体外受精(IVF)サイクルで採取できる卵の数は、妊娠の可能性を決定する最も重要な要素であることを覚えておいてください。

FIGURE 6:
FIGURE 6.女性の年齢に応じたヒトの卵巣内の卵の数 女性の年齢に応じたヒトの卵巣内の卵の数。

正常な排卵月周期における優位な単一卵胞の出現

月経時。 前月の排卵された卵胞からエストラジオール(エストロゲン)とプロゲステロンの分泌が急激に低下した結果、子宮は妊娠に備えてその月に蓄積された内膜を剥がします(図2参照)。 2). このエストロゲンの急激な低下により、脳下垂体から分泌されるFSHは、前月28日周期の26日目あたりから急激に上昇します。 そして、2日後の月経1日目(次の周期の始まり)には、この上昇したFSHが、70日前に休止期を終えて前胞となった卵胞の発育のみを促します。 FSHに反応して成長した前置卵胞は、エストロゲンとインヒビンBを分泌し、下垂体からのFSHの分泌をさらに抑制します。 こうして、精巣卵胞が成熟すると(6日目まで)、FSHは減少し始めます。

これらの約30個の発情卵胞のうち、どの卵胞が14日目に排卵する「リード卵胞」になるかをめぐって、競争が繰り広げられます。 周期の最初の数日間にFSHに最も敏感だった発情卵胞は、さらにFSHに敏感になり、他のすべての卵胞(FSHのレベルがどんどん下がっていくために死滅していく)を抑えて、優位に立ちます。 一度優位に立った卵胞は、同じ程度の刺激を得るために他の卵胞よりも少ないFSHしか必要としないため、その優位性を決して失うことはありません。 FSHは周期の中頃、排卵直前になると減少し続けるため、その月の他の発情卵胞(約3ヶ月間、ホルモンと無関係に成長した後、ようやくホルモンに依存するようになった卵胞)はすべて死滅してしまいます。 この段階になると、卵胞は完全にFSHに依存して生きています。

体外受精の準備として、周期の初期にFSHを注射し、通常のようにFSHレベルが低下しないようにします。 このFSHの持続的な上昇が、排卵刺激ホルモンの投与に相当し、30個ほどある前頭葉の卵胞のほとんどすべてを維持し、ひとつの卵胞が他の卵胞より優位に立つことはありません。 したがって、体外受精のためのホルモン刺激サイクルで採卵された卵の数は、直接、前頭卵胞の数を反映し、前頭卵胞の数は、直接、残りの卵の総数を反映します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です