Cosmos, Quantum and Consciousness:

科学ジャーナリストとして、私は長年にわたって数え切れないほどの科学会議に出席してきました。そこでは、最新の発見や、自然の営みに新たな洞察をもたらす運命にある新しい望遠鏡や粒子加速器のプラグインについて聞くことができました。 しかし、先週、私はダートマス大学の小さいながらも優雅な講堂で、これまでとは異なる種類の会議に参加していました。 科学者や哲学者が集まったのは、研究の成果を祝うためではなく、科学そのものが不十分であることを論じるためだった。 科学が成功していることは間違いないが、我々が求める答えのすべてを提供することはできないと言うのです。

さて、誤解のないように言っておくと、宇宙のごく一部を研究のために封鎖し、科学者は慎重に定義された調査対象領域の外側に位置する場合、信じられないほどうまくいくある種の科学があることを彼らは認めています。 ガリレオは、現代科学の道を切り開いたと言われる、この驚異的な知的ブレークスルーを成し遂げた人物として知られています。

しかし、観察者と被観察者の間に明確な境界線を引くことができない場合はどうなるのでしょうか。 ダートマス大学の物理学者Marcelo Gleiser氏らによると、これは深刻な問題だといいます。 これらのケースは、物理学における最も重要な未解決問題に関わるものであるため、科学が「すべて」を説明できるという考えを根底から覆す可能性があります。 グライサーは今年初め、ロチェスター大学の宇宙物理学者アダム・フランク、ブリティッシュ・コロンビア大学の哲学者エバン・トンプソンとの共著で、イオンに掲載された挑発的なエッセイの中でこの議論を展開しました。 4月22日と23日の2日間、ニューハンプシャー州ハノーバーにあるダートマス大学で開催されたワークショップ「The Blind Spot: Experience, Science, and the Search for “Truth” (経験、科学、そして「真実」の探求)」で、グライザーはこの問題を取り上げた。 “私たちが科学の分野で行うことは、すべて世界を見る方法によって条件付けられています」とグライサーは言う。 “

Gleiser氏、Frank氏、Thompson氏の3人は、「宇宙論」(宇宙を「外」から見ることはできない)、「意識」(自分の中でしか経験できない現象)、そして彼らが「物質の性質」と呼ぶもの、つまり、量子力学には明確に理解されていない方法で観察という行為が含まれているように見えるという考えを、特に障害となる3つの項目として挙げています。

その結果、科学が解明できない謎があることを認めざるを得ないとしています。 例えば、宇宙全体を説明する「万物の理論」を見つけることはできないかもしれません。 この考え方は、1990年代にノーベル物理学賞を受賞したシェルダン・グラショウが示した理想とは大きく異なります。 “私たちは、世界は知ることができると信じています。物質の振る舞いや宇宙の進化を支配する単純なルールが存在すると。 私たちは、世界は知ることができると信じている。

グライサー氏らが批判しているのは、「科学的勝利主義という考え方」だという。「時間をかければ、科学で解決できない問題はない」という考え方だ。 私たちは、それが実際には正しくないことを指摘しています。 なぜなら、解決できない問題はたくさんあるからです」

この議論は、次のような問いに帰結します。

この議論は、冷静な科学的研究によって世界を知ることができるのか、それとも絶望的なまでに視点に依存し、盲点だらけの世界なのかという問いに帰着します。

当然のことながら、哲学者たちも意見を述べています。 盲点」の懸念を真摯に受け止めつつ、人間とは無関係に存在する現実の世界を信じようとするアプローチの1つに、「Perspectival Realism」と呼ばれる比較的新しい哲学的立場があります。 Perspectival realismは、1990年代に起こった「科学戦争」への対応策でもあります。歴史家や哲学者、社会学者などが、科学の発見はそれが行われる文化によって形作られると主張し、科学に対して一連の挑戦を行いました。 ダートマス大学のワークショップで講演したエジンバラ大学の哲学者、ミシェラ・マッシミ氏は、「科学には限界があることを認めつつも、自然を説明するという点では大きな成功を収めている」と述べています。 “パースペクティブ・リアリズムとは、簡単に言えば、科学が自然についての真実の物語を語っていると信じるべきだということです」とマッシミは言う。 “

この考えは、ワークショップで聞かれた共通のテーマを反映しています。それは、科学は有効ではあるが、自然を「ありのまま」に明らかにすることは望めない。 科学は有効だが、自然を「ありのまま」に解き明かすことはできない。 しかし、複雑なのは、その視点の重要な側面である「意識的な経験」が、科学的な世界の説明から除外されていることです。 私たちは経験を通して世界を知っていますが、科学はその経験を説明するのに苦労しています。 “

しかし、ワークショップに参加したもう一人の哲学者、コロンビア大学のジェナン・イスマエルは、科学が観察者を無視しているという主張は、科学がどのように機能し、何を達成しようとしているかを誤解していると警告しています。 慣れない街を歩き回るとき、「あなたはここにいます」と書かれた点がある地図はとても役に立ちます。 しかし、私たちは観光局で手にした地図にそのような点がついていることを期待しません。 なぜだろう? それは、ある場所にいる人のための地図ではなく、すべての人のための地図だからだと、イスマエルは説明します。

結局のところ、科学や他の分野において謙虚さを求めることに異論を唱える人はほとんどいないでしょう。 しかし、誰もが「盲点」が本当の問題であると考えているわけではありません。 フランクフルト高等研究所の物理学者Sabine Hossenfelder氏は、Adam Frank氏に宛てたメールの中で懐疑的な見方を示しています。 経験は、他の現象と同じように研究することができると彼女は言う。 “経験は他の現象と同じように研究することができ、それについて有用なモデルを考える。 それが科学の仕事です。 予測できるモデルがあれば、それが『説明できる』と言います。

ワークショップが終わりに近づいたとき、私は2日前に空港から町へ送ってくれたタクシーの運転手が言ったことを思い出しました。 “科学について私が知っているのは、何事にも100%の確信は持てないということだ。” ガリレオもそう言っていたような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です