eGFR using CKD-EPI

CKD-EPI(Chronic Kidney Disease Epidemiology Collaboration)式は、血清クレアチニンやその他の容易に入手できる臨床パラメータから糸球体濾過量(GFR)を推定するための、より正確な式を作成するために開発されました。

研究者たちは、複数の研究から得られたデータをプールして、この新しい方程式を開発し、検証しました。

研究者らは、複数の研究から得られたデータをプールし、この新しい方程式の開発と検証を行いました。

CKD-EPI式は、MDRD(Modification of Diet in Renal Disease Study)式と比較して、特にGFRが高い場合に、バイアスが少なく、精度の高い結果が得られました。 NHANES(National Health and Nutrition Examination Survey)のデータを見ると、推定GFRの中央値は94.5mL/min per 1.73 m2に対し、85.0mL/min per 1.73 m2となっています。

CKD-EPI式を1つの式で表すと以下のようになります。

  • GFR = 141 * min(Scr/κ,1)α * max(Scr/κ,1)-1.209 * 0.993Age * 1.018 * 1.159

Scrは血清クレアチニン(mg/dL)、κは女性が0.7、男性が0.9、αは女性が-0.329、男性が-0.411、minはScr/κまたは1の最小値、maxはScr/κまたは1の最大値を示します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です