Euphony in Poetry

— Photos.com/Photos.com/Getty Images

あらゆる文学的装置の中で、Euphonyはおそらく詩に最も関連するものです。 音の調和とは、母音に頼ることであり、韻律や旋律がない場合でも、詩の特徴となります。 また、母音だけでなく、部分的に母音を持つメロディアスな子音でもユーフォニーを実現することができます。

Poems With Euphony

John Keatsの “To Autumn “は、英文学の中でも最もアンソロジー化された詩の一つであり、euphonyの典型的な例が含まれています。 その代表的なものが、母音を多用して心地よいイメージを表現した「成熟していく太陽の親しい友人であり、彼と共謀して、茅葺き屋根の袖の周りを走るブドウの木に、いかにして果実を積み込み、祝福するかを考える」という行である。 アルフレッド・ロード・テニソンの詩「The Lotos-eaters」では、”Dark faces pale against that rosy flame, / The mild-eyed melancholy Lotos-eaters came.”(バラ色の炎に青ざめた暗い顔をして、穏やかな目をした哀れなロトスを食べる者たちがやってきた)などの部分で、ユーフォニーを巧みに使いこなしている。 また、エドガー・アレン・ポーの “The Bells “では、教会の鐘の音を模倣したユーフォニックな表現が用いられ、ウォレス・スティーブンスの “Thirteen Ways of Looking at a Blackbird “では、モダニズムの文脈でユーフォニックな表現が用いられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です