Godspeed (character)

Godspeedはバリー・アレンのビジョンの中で初めて登場し、彼らを皆殺しにすると主張する。 ハートの兄はキャリアーの犯罪者に殺害され、バリーと彼の研究室に雷が落ちた時に証拠が破壊されたため、犯人は釈放された。 S.T.A.R.ラボの機材を積んだバンを盗んだブラックホールと対峙したオーガストは、彼らのシンボルマークが兄の犯行現場近くにスプレーで描かれたものと同じであることに気づく。

スピードスターとなったオーガストは、撃ってきた相手を倒してしまう。 バリーがフラッシュであることを明かした後、オーガストは自分のコスチュームを作り、バリーのパートナーとなる。また、弟の殺人事件を解決するために自分の力を使いたいと考えていた。 ブラックホールを倒した後、さらに多くの市民がスピードフォースの嵐に襲われ、スピードスターに変身するのを目撃する。 オーガストは、新たに手に入れた力を犯罪に利用するスピードスターを一網打尽にするため、バリーに協力する。 2人はミーナ・ダワン博士と出会う。彼はスピードスターになったばかりの人で、自分の力をコントロールするためにスピードフォースのトレーニングセンターを作るのを手伝っていた。 バリーとミーナがさらにスピードスターを勧誘して戻ってくると、傷ついたオーガストがいて、ゴッドスピードと呼ばれる新しいスピードスターがスピードスターの犯罪者を殺してスピードを奪ったと話す。

回復したオーガストは、スピードフォースの嵐を浴びたカーバー博士を襲撃するために、新入社員の2人を連れてくる。 バリーとミーナの「休日」の後、訓練センターに到着したゴッドスピードは、ミーナと対峙することになる。 スピードスターの新兵の一人であるエイブリー・ホーがフラッシュを手に入れようと逃げる中、ゴッドスピードはミーナと新兵の2人を殺し、彼らのスピードを奪う。

バリーがオーガストと対峙すると、オーガストは自分がゴッドスピードであり、司法制度に見切りをつけて裁判官、陪審員、執行人となり、弟を殺した犯人を殺すことを決意したと明かす。 オーガストは、スピードスターの犯罪者たちのそばにいると、彼らの中にあるスピードフォースが自分とつながっているのを感じたと明かす。 彼は彼らの力を奪うことを決意し、その結果、彼らは死に、オーガストは負傷した。 オーガストは、スピードスターを殺さずに他のスピードスターのスピードを奪うことが可能であることに気づき(カーバー博士のスピードを奪ったのは、彼、バリー、ミーナ、2人の新兵であったことが証明している)、ミーナと2人の新兵に再び試みた。

スピードが上がったことで、オーガストは自分の二重人格を作り、同時に2つの場所にいることができることを明らかにするが、それには肉体的な負担がかかる。 バリーはこれを利用して脱出する。 オーガストは、弟の死について他のブラックホールのメンバーを尋問するが、何の情報も得られなかったため全員を殺害する。 スピードスターたちが、ゴッドスピードを止めるためにバリーとウォーリーにスピードを託すと、そこにオーガストが現れ、エイブリーのスピードを奪うことができる。 バリーはゴッドスピードを追いかけるが、ゴッドスピードはアイアン・ハイツに向かい、バリーができなかったこと、すなわちイオバード・ソーンを含む敵を殺すことを明らかにする。 しかし、新しいキッド・フラッシュ(ウォリー・ウェスト2世)が介入し、フラッシュを助けてゴッドスピードを倒し、ゴッドスピードはその後アイアン・ハイツに投獄されてしまう。

オーガストはその後、フラッシュと宿敵イオバード・ソーンと組んで、悪党パラドックスがフラッシュの歴史をすべて消し去ろうとするのを阻止する。 パラドックスが倒された後、オーガストはソーンに、フラッシュに関する広範囲な未来の知識があれば、オーガストの兄を殺した犯人を知っているのではないかと尋ねる。 ソーンは嬉々としてソーン自身が犯人であることを認め、オーガストの首をへし折り、彼を殺してしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です