Help Find My Brother

Help Find My Brother

数日前、Surfermag.comのニュース掲示板を見ながら、ニューヨーク・タイムズのために津波の生存者について調べていたときのこと。comの掲示板でニュースを見たり、ニューヨーク・タイムズのために津波の生存者について調べたりしているうちに、ReefのTannerがMarcelo Bengoecheaについて投稿した記事を見つけました。 マルセロの兄であるフェルナンド・ベンゴエチェアは、ニューヨークの有名な写真家であり、冒険旅行に夢中になっていましたが、スリランカのアルガムベイにあるスターダストホテルのバンガローで寝ているときに、文字通り打撃を受けて行方不明になりました。 ご存知の方も多いと思いますが、フェルナンドは、オプラ・ウィンフリーのお気に入りのインテリアデコレーターであるネイト・バーカスと一緒に、右手の波の連続が素晴らしいアルガムに滞在していました。

ここでは、その時の会話を抜粋してご紹介します。 ちなみにマルセロは、Reef Brazilのクリエイティブ・ディレクターです。 もしこれを読んでいる人がスリランカにいて、彼の弟を探すのを手伝ってくれるなら、とんでもなくいい男と、ひどく取り乱した家族に平和をもたらすのに大いに役立つだろう… Chris Dixon

Marcelo Bengoecheaより:

「Fernandoはファッションフォトグラファーで、ニューヨークに住んでいます。 インテリアやロケ地の写真も撮ります。 彼はとても有名です。 彼はリーフのためにたくさんのライフスタイル写真を撮っています。

「彼は、スリランカのアルガムベイにあるスターダストホテルに滞在していました。 ここは非常に有名な場所で、素晴らしい右岸の波があります。 Transworld Surf』の最新号には “Big Sri Lanka “と書かれていて、特にその場所について書かれています。 リゾートのウェブサイトはwww.arugambay.com。」

「彼はヴァカンス旅行中でした。 彼は私ほど筋金入りのサーファーではないので、どこへ行くにもボードを持ち歩く必要はありませんが、波があればきっとサーフィンをしていたでしょう」

「彼はクリスマスと新年にスリランカに行く予定でした。 実際に行ったことがあるかどうかはわかりませんが。

「彼はクリスマスとお正月にスリランカに行く予定でした。 私は兄以上に旅をしている人を知りませんし、サーファーの知り合いもたくさんいます。

ネイト・バーカスから何を聞いたかと聞かれた彼はこう答えました。

「実際にネイトと話をしました。 一緒に波にのまれたんだ。 彼の口から、水の中で起こされたと聞きました。 彼らはビーチに面したバンガローに滞在していた。 最初に波を受けて流され、1回目の波と2回目の波の間に20秒ほどの時間があったので、電柱につかまることができた。 終わった、終わった」と思っていたら、その時に第2波が襲ってきたのだそうです。 ネイトは屋根に登ることができましたが、兄はラグーンやジャングルに流されてしまいました」

「ホテルは海とラグーンの間に位置していました。 弟はラグーンに流され、それが彼の最後の姿となりました。

「当局は、生きている人間を探しています。 私は、弟を独占的に探している人に連絡を取りました。 彼はその地域で活動しています。 捜索は日中しかできません。 電気も照明もなく、通信もできません。 その人は衛星電話を持っていて、私はインターネットでいろいろ調べています。 かなり、できる限りの記述をしているよ。 CNNを見てみたら、世界中で活躍している。 だからSurferにも掲載したんだ。 海外のサーファーで、現地にいる人や行ったことがある人がいるかもしれないし……とにかくサーファーに声をかけています。 もしあなたがその地域でサーフボードを持っていれば、パドリングして兄を探してくれるかもしれません。

自分や家族の様子を聞かれた彼はこう答えました。

「大変ですよ。 遠く離れているので、テレビやインターネットを見る以外にできることはありません。 私たちは皆、アルゼンチン出身です。 私の家族はアルゼンチンにいます。 姉と弟がいますが、フェルナンドはアメリカ国籍を持っているので、捜索に役立ちます。 私たちは、できる限り連絡を取り合っています。 彼を信じています。 フェルナンドは、サーファーであり、スキューバのインストラクターでもある素晴らしいアスリートです。 体力的にも、必要なことは何でもこなせる人です。 彼は人里離れた場所に行き、何度も野生化したことがあります。 私たちは、もし彼が波の力で死ななかったら、ジャングルで迷子になってコミュニケーションが取れなくなっていたかもしれないと考えています。 彼は強く、賢く、サバイバル技術を十分に知っているので、ジャングルでも生きていけるでしょう。 あそこは孤立した地域だ。 周りには何もありません。

「実際にそのような状況に置かれた人を知っていると、とんでもない話になりますよね。 信じられないことです。

もし誰かが何か情報を持っていたら、マルセロのメールは [email protected] です。

フェルナンドに関するSurfermag.comのメッセージボードのスレッドにアクセスしてください。

フェルナンドを含む犠牲者に関するNYTimesの記事
Off the Runway, and in Disaster’s Pathはこちらをクリックしてください。

The Fernando and Nate Blog
Most Updated Information CLICK HERE.

Surfermag.comメッセージボードの「Looking for Surfer Josh」スレッドに移動します。

Surfermag.comメッセージボードのスレッドに移動します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です