How to deal with Jealous People : Complete guide

受け取る側であれ、与える側であれ、嫉妬は厄介なものです。 嫉妬深い人は扱いにくいものです。

嫉妬は、人間関係を壊したり、親しい友人に反感を抱いたり、自分がおかしくなったように感じさせたりする力があります。

それを抑える方法があればいいのですが……

幸いなことに、あります。 この複雑な感情はしばしば誤解され、私たちの人生に限りない不幸をもたらします。

あなたが新しい仕事のオファーのニュースを発表したとき、部屋の向こうで友人があなたに悪口を言っているのに気づきましたか?

あなたが家族に大規模な旅行の計画を話したとき、兄弟がいつも悪口を言っていませんか?

あるいは、パートナーがいつも一緒に過ごしている「親友」に嫉妬しているのはあなたかもしれません。

いずれにしても、この有害なパターンをきっぱりと終わらせる時が来たのです。

もしあなたが人生の中で嫉妬深い人々に対処するのに苦労しているなら、嫉妬深い人々に対処する方法についての完全なガイドが適切な場所にあります。

「妬み」と「嫉妬」の違いは?

嫉妬している女性

人はよく「妬み」と「嫉妬」を混同してしまいます。

意外かもしれませんが、この2つの言葉は実際には同義語ではなく、密接に関連しています。

  • 羨望とは、ロレックスの時計やかわいい子犬など、誰かが持っているものを欲しがることを指します。 この感情は無害な場合もあります。友達の時計が欲しいと思ったからといって、必ずしもその人を恨んだり、自分の人生に不満を感じたりしているわけではありません。
  • 嫉妬はもっと深く、高度な不安を伴います。 嫉妬する人は、友人の時計を欲しがるだけではなく、欲しいものを手に入れられないことで、自分の人間性が疑われることを恐れています。

実際、嫉妬深い人はうらやましい人であることが多いのですが、うらやましい人が常に嫉妬しているわけではありません。

人はなぜ嫉妬するのか?

妻の携帯電話を見る嫉妬深い男性's mobile

ほとんどの根深い心理的問題と同様に、私たちは嫉妬を一般的な不完全さの感覚にまで遡ることができます。

結局のところ、うまく適応して自信を持っている人が、他人の成功に不安を感じたり、苛立ったりするのはなぜなのでしょうか?

簡単な答えは、そうではないということです。

人は、自分がやってみたい、なってみたいと思っていたことを、他の人がやっていたり、なっていたりするのを見たときに、最も嫉妬を感じる傾向があります。

子供の頃に弁護士になることを夢見ていて、あなたがロースクールに合格したというような場合です。

特に不完全さのレベルが高い人にとっては、一見些細な問題でも嫉妬が引き起こされることがあります。

好むと好まざるとにかかわらず、この習慣は避けがたいものです。

しかし、単に自分を比較するだけでなく、自分が優れていなければならないという強迫観念にかられると、本当に問題になります。

典型的な例は、他のすべての男性に対して優位性を確立しようとする「アルファ男性」志望の人です。

Try Not to Judge Jealous People

不安を感じている女性

嫉妬は醜い感情なので、それを示す人を嫌悪したくなるものです。

しかし、嫉妬している人を批判したり、恥じたりしないようにしましょう。

不安が問題の根源であることを覚えておいてください。不安な人にとって、さらに貶めることほど悪いことはありません!

相手の劣等感(そして嫉妬)を誘発するのではなく、相手を高めて安心感を与えるようにしましょう。

We Can Be Jealous of Anything

多くの人は、嫉妬を表面的に「望ましい」ものと結びつけます。

しかし、誰かがあなたよりもお金持ちで、容姿端麗で、会社での地位が高いからといって、あなたが彼らに嫉妬しないとは限りません。

もしかしたら、表面的にはあなたよりも成功している人が、内心では惨めさを感じていて、人生で本当にやりたいことを追求する自信があればよかったのに、と思っているかもしれません。

嫉妬は予測や理解が難しいもので、特に他人が見ているような自分を見ていないことが多いのです。

嫉妬深い人の頭の中

自信のない女性

嫉妬深い人の頭の中では、日常的に何が起こっているのか気になるところですよね。

とりわけ、嫉妬心のない人に比べて、自分が持っているものに感謝する代わりに、自分に欠けているものに注目する時間が多いのです。

自分と関わりのある他の人の成功や幸せについて聞くと、「なぜ自分は同じように成功できないのだろう」と否定的な視点で反応します。

そして、「失敗した」理由について言い訳をして、自分の方が人生で厳しい目に遭っていると思い込もうとするのです。

もちろん、他の人よりも困難な状況に直面している人もいますが、自分のチャンスや特権を他の人と比較する理由はありません。

嫉妬深い人は、頭の中で、あるいは口に出して、否定的で唾棄すべきコメントをするかもしれません。

誰もが知っているように、常に他人を批判し、その人の愚かさ、醜さ、不快な性格が、人生で受けたチャンスに値しないことを嘆いている人がいます。

Is It Possible to Stop Be Jealous?

woman hoping to change

もし、あなたの身近な人(親友や家族など)が、厄介な嫉妬に悩まされているとしたら。

ほとんどの場合、そのような人は、自分の病気を克服することができるかどうかを知りたいと思うでしょう。

ほとんどの場合、可能です。

嫉妬心は生まれつきのものではなく、人生や人間関係の展開に応じて、時間をかけて育まれるものです。

嫉妬を克服するのは、最終的には本人の責任ですが、あなたは嫉妬の感情を引き起こさないように、周囲に気を配ることで手助けをすることができます。

さらに具体的なアドバイスが必要ですか?

9 Effective Ways To Handle and Deal with Jealous People

嫉妬とは何か、それはどこから来るのか、嫉妬する人の心はどのように動くのか、お分かりいただけたと思います。

さて、この理論的な知識を実践的なヒントで補いましょう。

1) 常にポジティブでいる

誰かが嫉妬のあまり、あなたを侮辱したり、傷つけたりするコメントを浴びせた場合、報復して自分の薬を味わわせてやりたくなります。

自業自得ですよね?

そうかもしれませんが、それは問題ではありません。

ネガティブなことにさらにネガティブなことで反応することは、決して解決策にはなりません。

動揺しないように気をつけてください。

心の奥底にある問題を抱えているのは、あなたではなく、相手なのです。

歯を食いしばって微笑むことで、相手が自分をひどい人間だと決めつけているわけではないことを、相手に(そして自分に)証明しましょう。

人は私のことを陰で話します。

2) 共感力を育てる

あなたは今、嫉妬心の心理と、この恐ろしい感情がどこから来るのかについて、すべてを学びました。

その知識を活用して、嫉妬している相手に共感する気持ちを育てましょう。

相手を自分に恨みを持つ意地悪な大人やいじめっ子として見るのではなく、そのベールの下にある怖くて悲しい子供の姿を見てみましょう。

少しひいき目に聞こえるかもしれませんが、私たちは誰でも、誰かに不安感を与えられたときに現れる「インナーチャイルド」を持っています。

もし、あなたの幸せが引き金になっているとしたら、人生の不幸なスランプを乗り越えるためのサポートが必要なのかもしれません。

もしかしたら、最近仕事を失ったので、あなたの仕事上の成功に脅威を感じているのかもしれません。

彼らを紹介してもらえませんか?

腹立たしさや苦々しさを共感に変えるのは、本当の意味でのマインドセットシフトですが、それをすることでより深いつながりが生まれ、誰かの人生を好転させる助けになるかもしれません。

もちろん、正しい方法と間違った方法があります。一晩中パートナーに寄り添っているあなたを睨んだ後で、嫉妬している友人に彼らの恋愛がどうなっているかを鋭く尋ねないでください。

自分がどれだけ幸せか、どれだけ素晴らしい生活を送っているかを語れば語るほど、相手の不安を引き起こす危険性があります。

よく言えば、相手は自分の成果を誇張して自分を証明したいと感じ、悪く言えば、あなたを引きずり降ろそうとするでしょう。

自分の人生について質問し、純粋な興味を示すことで、相手に重要性を感じてもらいます。

安全を期すために、まずは相手が満足していると思われる人生の側面について質問してみましょう。 結婚したばかりとか、エキサイティングな休暇から戻ってきたとか?

それはポジティブな会話の素晴らしい出発点です。あなたが喜んでいることを示すことで、あなたが脅威ではないことを示します。

4) ネガティブなコメントを真に受けない

あなたが交流している人が、嫉妬の危険な痛みを感じて、衝動的に意地悪なコメントや傷つくコメントをしたとき、それはまるであなたをゲームに誘っているようなものです。

もしあなたが報復するなら、あなたは彼らの招待を受け入れていることになりますが、いつでもそれをやめることができます。

誰かがあなたを侮辱した後に歯を食いしばって微笑むことは、言うは易し行うは難しですが、少なくとも沈黙してポーカーフェイスを試みることはできます。

それに、相手の顔に困惑が浮かぶのを見るのは楽しいものです!

人は2つの方法で反応する傾向があります:自分が望んでいた反応を得られなかったために一時的に失望するか、敵意が溶けていくかです。

どちらにしても、一瞬の気まずさの後に、相手の不安から話をそらして軌道に戻すチャンスを得ることができます。

5) 直接的に

このリストの他のテクニックがあまりにも操作のように聞こえたり、単にうまくいかなかったりする場合は、もう少し突飛な方法を試してみてください。

ただ冷静に、相手がなぜ自分をそのように扱っているのかを尋ねてみましょう。

おそらく、嫉妬という非難をすぐに投げかけないほうがよいでしょう。ほとんどの人は自分が「嫉妬している」と考えるのを好まず、自分のエゴはおそらく別の正当化を考えて自分を守るでしょう。

代わりに、相手に状況を振り返ってもらいます。

自分が何か悪いことをしたかどうかを尋ね、よりポジティブな関係を築きたいことを説明します。

場合によっては、関係が修復不可能なほど傷つき、相手が執念深く行動していることを否定することもあるでしょう。

このような場合は、損切りして次のステップに進みましょう。

しかし、他のケースでは、その人はあなたの率直さを尊重し、自分の行動を改善する努力をするかもしれません。

あなたに嫉妬している人を嫌ってはいけません。're are better than them.

never hate people who are jealous of you. they are just people who think you're are better than them.iv id=”6) 嫉妬する人に親切にする

あなたに嫉妬する人に親切にするのは直感に反するように聞こえるかもしれません。

しかし、彼らはあなたの優しさを最も必要としている人たちであることを忘れないでください。

もしそうなら、ランダムな親切心を示す機会はたくさんあるはずです。

おべっかを使うのではなく、相手の自信を高め、あなたが気にかけていることを示すのです。

最初は疑いの目で見られても驚きませんが、あなたの意図が純粋であることがわかれば、より良い関係への道を歩むことができるでしょう。

7) 立ち去る

ここまでは、有害な人との関係を修復し、償いをする方法があると考えてきました。

これは常にプランAであるべきです。特に、嫉妬を疑っている人が愛する人である場合はなおさらです。

残念ながら、できることがないことを受け入れなければならない時もあります。

場合によっては、プランBに頼らざるを得ないこともあります。

厳しいように聞こえるかもしれませんが、自分の幸福と精神的な健康を第一に考えなければなりません。

結局のところ、有害な傾向や不安を克服するのは彼らの責任であり、あなたが彼らのセラピストとして行動する義務はありません。

完全に人と縁を切ることはできないかもしれません。たとえば、あなたに嫉妬している人は、同僚や上司、あるいは自分の親かもしれません。

それでも、その人との交流を制限したり、嫉妬を引き起こさないとわかっている話題に会話を誘導したりすることはできます。

8) 自分の精神的エネルギーを守る

世界は素晴らしい場所です。

誰が自分のエネルギーや注意を払うに値するかを学ぶことは、人生において重要なスキルです。

誰かとの関係が自分にとって重要だと判断した場合(兄弟、パートナー、幼なじみかもしれません)、その人の問題を一緒に解決する価値があると判断するかもしれません。

しかし、自分の本当の動機が何なのか、じっくり考える必要があります。

その特定の人のことを本当に気にかけているのか、それとも誰からも好かれようと必死になっているだけなのか

最終的には、どんなに努力しても誰もが自分を好きになるわけではないことを受け入れなければなりません。

その上、それはあなたのことではないかもしれません。

中には、信じられないほどネガティブで、自分の狭い世界観を共有していない人との交流に苦労する人もいます。

もしかしたら、あなたとは相容れない素敵な人たちかもしれません。

それを乗り越えましょう!

9)

一緒に笑っている友達

有害な友達や迷走している原因を自分の人生から切り離すと、何のために時間を使えるようになると思いますか?

そうです。あなたにとって本当に大切な人たち、あるいは、あなたの成果に興奮し、一緒に喜んでくれる新しい友人たちです。

あなたは、人生の中でネガティブで嫉妬深い人に焦点を当てることに時間を費やし、あなたによくしてくれる人たちをないがしろにしている可能性があります。

それはおかしいと思いませんか?

その人たちに目を向けて、彼らにふさわしい愛と賞賛と愛情を注いであげてください。 これこそが幸せへの真の道なのです!

結論

幸いなことに、あなたは嫉妬を本当の意味で理解することができました。

そして、ある程度、人間の経験の一部です。

次回、誰かが嫉妬の兆候を示したとき、あなたは自然な本能に負けて、報復したり、否定的な方法で反応したりしないことをよく知っています。

今回学んだ「嫉妬の心理」と「嫉妬深い人への対処法」を思い出してください。

それが今後の人間関係をより良いものにしてくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です