How To Do The Floor Press

ジムでベンチプレスが混んでいるとき(またはジムが閉まっているとき)、あなたはどうしますか? 順番が回ってこないように近くをウロウロしたり、ワークアウトの順番を変えて他のことをしたりしますか?

フロアプレスは、ベンチがないときに行うベンチプレスの基本バージョンというだけではありません。

フロアプレスの可動域は床で止まるため、ベンチプレスに比べて肩への負担が少なくなります。

また、床に寝た状態では、ベンチプレスのように脚の助けが得られないため、上半身への負担が大きくなります。

さらに、レップごとに腕が地面に触れることで、筋肉の緊張が取れます。

フロアプレスとベンチプレスは、胸、肩、上腕三頭筋という同じ筋肉をターゲットにしていますが、ベンチプレスの場合は、バーをラックに戻すまで筋肉に負荷がかかったままなので、プレスの開始時には、再び動き出さなければならず、非常に大変です。

フロアプレスとベンチプレスは、胸、肩、上腕三頭筋という同じ筋肉を鍛えるトレーニングです。ベンチプレスほどの重量は出せませんが、バーに負荷をかけて上半身を鍛えることができます。

ラックの下にいる場合、次のステップはバーをラックから外して自分の上に保持することですが、地面に置かれたバーの下に横たわっている場合、特に重いウェイトを使用している場合は、セットの最初にバーを上げるのを誰かに手伝ってもらう必要があるかもしれません。 腕を伸ばしてバーを胸の上に掲げたら、上腕が地面につくまでゆっくりとバーを下ろし、その後、爆発的にバーを押し上げます。

フロアプレスのバリエーション

ダンベル・フロアプレス

おなじみのフロアプレスですが、バーベルではなくダンベルで行います。 この方法の利点は、両腕を片方ずつ鍛えることができるので、バーベルのように強い方の腕に頼ることなく、大部分を鍛えることができます。

ブリッジ・プレス

このエクササイズは、バーベルやダンベルを使って行うことができ、大臀筋、コア、ハムストリングスを鍛えることで、フロア・プレスにさらなる次元を加えます。 このエクササイズは、バーベルやダンベルを使って行います。 腕を完全に伸ばし、腰を上げて、膝から頭まで体が一直線になるようにしたら、一呼吸おいてから、ゆっくりと最初の位置に戻します。 ブリッジをキープしたままプレスを行うと、体幹、大臀筋、ハムストリングスへの効果が最大限に発揮されます。 また、従来のフロアプレスに比べて可動域が広くなるので(特にダンベルを使用する場合)、大胸筋への負荷が高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です