How to Thread a Singer Sewing Machine Step-By-Step Pics + Videos

Sewing Machine Funは読者の皆様からのサポートを受けています。

Sewing Machine Funは読者の皆様をサポートしています!アフィリエイトリンクを通じて購入された場合、私は追加費用なしで小さな手数料を得ることができます。

シンガーのミシンに糸を通す方法をお探しですか?

ミシンの糸通しを学ぶことは、特に初心者にとっては難しいことです。

ほとんどのミシンの糸通し方法は、ミシンの取扱説明書やクイックスタートガイド、本体に記載されています。 しかし、図ではわかりにくいこともありますし、実際のミシンではカラーで見たほうがわかりやすいのです。 それが私が求めているものです!

私は4台のシンガーのミシンを所有しています(シンガースタート1304、シンガー4423頑丈なミシン、シンガー4452頑丈なミシン、そして母から譲り受けた40年以上前のシンガー・タッチトロニック)。 今回はSinger 1304をモデルにして糸通しをしますが、他のモデルの写真も掲載します。

上糸の通し方、シンガーミシンのボビンの巻き方、ボビンを前入れ、上入れのどちらで取り付けるかを説明します。 そして、縫い始める前にボビンの糸を上げる方法についてもお話します。 もちろん、すべてのシンガーミシンに同じ糸がかけられるわけではありませんが、シンガーミシンの糸かけを学ぶのに十分な写真を掲載したつもりです。

シンガーミシンの糸通し方法

目次

シンガーミシンの糸通し方法動画

さて。 文章で始める前に、動画形式がお好きな方のために、私が作成したシンガーミシンの糸通しの方法の動画をご紹介します。 夫が録画したものなので、少しふらふらしていたらすみません

私は、Singer Start 1304の糸通しをしています。

また、Singerのヘビーデューティーなミシンの糸通しについては、別のチュートリアルを写真付きで行いました。 この作業は、ミシンの上部で行われます。 ボビンは、お使いのミシンに合ったものをお使いください。

最初のステップは、糸をスプールピンにセットすることです。 スプールピンが水平の場合は、縫い始めたときに糸が外れないように、適切なサイズのスプールキャップを上に置く必要があります。 スプールピンが垂直の場合、スプールが安定していれば、このスプールキャップはそれほど重要ではありません。

次に、糸の端を引っ張って、ミシンの最初のスレッドガイドに通します。 以下は、Singer 1304での様子と、Singer heavy-dutyでの様子です。

1つ目のスレッドガイドに糸を通す

2つ目のスレッドガイドに糸を通す

次に、糸をテンションディスクに反時計回りに巻き付けます。 糸がテンションディスクの間に入っていることを確認してください。 糸を挟むときに少しポンと音がするかもしれません。

side view of bobbin tension disc

ボビンの上部にある穴の小さな円に糸を通し、ボビンをボビンスピンドルにセットします。 ゆるやかに動かないようにポンと置かれます。

ボビンの糸の上部を持ちます

ボビンのスピンドルを右に押します。 糸の端を持ち、フットコントローラーを軽く踏むか、コンピューターミシンのスタートボタンを使います。 糸はボビンの周りを数回巻きます。 私はこの時点で止めて、糸の端を切ってから続けるのが好きです。

フットペダルを使って数回巻きます

その後、ペダルを目一杯踏んで、ボビンが巻き上がるのを見てみましょう! ボビンがいっぱいになると、速度が落ちてきます。 ここで、フットペダルを離すか、ストップボタンを押してください。 ボビンのスプールピンを左に押し戻し、糸の端を切ります。

push bobbin back to left and cut the thread

How to Insert the Bobbin on a Singer Sewing Machine

ボビンが巻かれたら、いよいよシンガーミシンにボビンを挿入します。 ほとんどのシンガーミシンのボビンには、上入れ式と前入れ式の2種類があります。 基本的な機械式のシンガーミシンは、前入れ式のボビンを採用しています。 私の母が使っていたタッチトロニックは上入れ式で、私のシンガーヘビーデューティーも上入れ式です。 両方のタイプのボビンのセットの仕方をお見せします。

どちらのタイプのボビンでも、まず、機械の電源を切り、針を一番高い位置に上げます。 これにはハンドホイール(常に自分の方にしか回さない)か、シンガーのコンピュータミシンの針上げボタンを使います。 押え金も上げてください。 手まわしの形は以下の通りですが、初めて聞く言葉かもしれません。

turn handwheel towards you

How to Install a Front-Load Bobbin on a Singer Sewing Machine

フロントロードボビンを手に入れるには、ミシンの小物入れの拡張テーブルを外し、ヒンジ付きのカバーを引き抜きます。

ボビンケースの前面に小さなタブがありますので、これをコーラのタブを開けるように手前に引いて、ボビンケースを取り出します。

how to insert the bobbin case on a singer sewing machine

前開きのミシンにボビンを取り付けるのは、シンガーのミシンの糸通しの中で一番難しい部分だと思いますので、ここは我慢してください!

まず、ボビンを下のように持ちます。 小さな金属の「L」の形が「左」につくので、「L」の字のように見えると覚えておくといいですね。 この「L」は、気になる方はボビンフィンガーと呼ばれています!

ボビンをこの向きに置く

もう片方の手に糸を時計回りに持っていきます。 糸の端は、「L」が進む方向とは逆の方向に進みます。

糸をこの向きにして

糸をボビンケースの側面にある小さなスリットに通してから、もう一方のスリットの下に引き込みます。 正しく糸を通すと、下の2つの写真のようになります。

pull the thread through the bobbin case

pulling thread through the bobbin case

さて、ボビンケースの小さなタブをもう一度開いて、元の場所に戻します。 専門的には、この場所をミシンのシャトルと呼びます。 ケースの小指(「L」の部分)をミシンの方に向けて上にして差し込みます。 私はこの作業を克服したので、前入れボビンに指を差し出すと覚えたいのですが、あくまでも私の覚え方です…

ボビンケースの挿入方法

注意点として、ボビンを挿入する際には、十分に押し込んでからタブを離すようにしてください。 もし、指を離したときにボビンが回転してしまったら、もう一度やり直す必要があります。 正しく挿入されたボビンは動きません。

正しく挿入されたボビンケースの様子

最後に、もう一度シャトルのカバーを閉じて、必要であればエクステンションテーブルを再挿入してください。

How to Install a Top-Load Bobbin on a Singer Sewing Machine

トップロードボビンは、より簡単に取り付けることができます!

まず、ミシンの底面にあるボビンカバーの近くにあるボタンを右に押してカバーを開けます。 カバーを外して、ボビンを落とし込みます。 向きとしては、糸を引っ張るとしたら、ボビンは反時計回りに回転します。

次に、糸の端をボビンケースの底にあるスリットに通し、U字型に引き回してもう一つのスリットの下に入れます。

how to orient bobbin

bobbin case front load

とりあえず押え金の後ろに引っ張って、ボビンケースのカバーを取り付けます。 左のタブは再びベースの下に入ります。

top load bobbin

シンガーミシンの上糸の通し方

ボビンの巻き取りと取り付けが終わったら、いよいよシンガーミシンの上糸を通します。

ミシンの電源が切れていないこと、針が一番高い位置にあること、糸がスプールピンにかかっていることを確認します。 また、押え金を上げておきましょう。 押え金を下げたまま糸通しをすると、ミシンのテンションが乱れてしまうので、後で質の良いステッチをするためには非常に重要です!

糸通しを始めるには、ボビンを巻いたときのように、最初のスレッドガイドに糸を通します。

pull through first thread guide

次に、糸を2番目のスレッドガイド(ボビンに使ったテンションディスクの下)に通します。

糸ガイドの下をくぐらせます

ミシン前面の右チャンネルに糸を通します

巻き取りレバーに糸を通します

下の方でUの字を作り、左チャンネルに糸を通していきます。 上部にはテイクアップレバーがあります。 巻き取りレバーに右から左に糸を通します。

糸ガイドを通って下に引きます

糸巻き取りレバーを回ります(2)

糸をミシンの底面に向かって下に引きます。

糸取りレバーに糸を通す

ワークスペースの上部には、針金の拍子木のガイドがあります。 この中に糸を引きます。 機械によっては右側か左側に開口部があるはずです。

糸切りガイドに通します

次に、手で糸を通す場合は、針を前から後ろに向かって通します。 参考になるヒントを探している方は、ミシンの針に簡単に糸を通す方法を記事にしています!

シンガーの自動針糸通しの使い方

ソーイングをしていて針糸通しについて学んだことは、針糸通しは繊細で気まぐれだということでした。

まず、押えをレバーで下げます。

針糸通しの側面にあるレバーで、針糸通しのレバーを半分ほど下げ、糸をガイドに引っかけます。 金属製のV字型をした逆さまの形をしています。 糸は右上からV字の下を通って、ガイドを右回りに回っていきます。

using the singer needle threader

次に、針糸通しを完全に下げて、自分の方に回転させます。 フックが針の目を通過するのがわかります。

針の目に入った大きな針の中には、とても小さな針が入っています。

今、針の目に入っている大きな針の中に、超小さな針があります。下の写真は、できるだけ拡大して撮ったので、粗かったらごめんなさい 糸を大きなフックに戻して、小さなフックに引っかけます。

the hook on the singer auto needle threader

糸の端を持ったまま、針から針通しを回転させ、元の位置に戻します。

singer auto needle threader

ボビン糸を上げる

ほとんどのシンガー機械式ミシンでは、トップドロップボビンとフロントロードボビンの両方で、縫い始める前にボビン糸を上げる必要があります。

上糸を持ったまま、もう片方の手でハンドホイールを手前に軽く回して針を進めます。

ボビン糸を引き上げる

両方の糸を押えの下と後ろに入れます。

プレッサーフットの後ろに置く

結論

おめでとうございます。 これであなたはシンガーミシンの糸通しの方法を学びました。 これには、上糸を通すこと、ボビンを巻くこと、ボビンを挿入すること、ボビン糸を上げることが含まれます。

また、糸の種類やブランドの見分け方にお困りの方は、「シンガーミシンに最適な糸の選び方」をご覧ください。

Happy sewing!

Happy sewing!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です