How to Write a Good Book Review

これはAlan Egglestonさんのゲストポストです。

あなたは素晴らしい本を読みました。 それは、書評を書くことです。 でも、どうやって書評を書けばいいのでしょうか?同じように重要なのは、投稿した後に馬鹿にされていると感じないような、良い書評を書くにはどうすればいいのでしょうか?

ところで、これらのヒントは、好きではない本にも同じように当てはまります。

一般的なガイドライン

まず心に留めておいていただきたいのは、あなたの書評はその本とあなたの経験についてのものであり、あなた自身についてのものではないということです。 ですから、余計なことを言ったり、過度に楽しませようとしたりして、レビューを邪魔しないようにしましょう。

2つ目は、レビューは著者ではなく、読者についてです。 その本を読むべきかどうかを知りたいと思っている読者の立場になって考えてみてください。

3つ目は、正直であることです。 罵倒するのではなく、自分の視点から本を正直に評価してください。 作家の中には、自分の芸術を向上させるためにレビューを読む人もいますが、中には悪いレビューを嫌う人もいますので、親切にしましょう。 また、良いレビューは売り上げを伸ばすことができますが、悪いレビューは売り上げを落とす可能性があることを覚えておいてください。

GoodreadsとAmazonのレビューに関する具体的なアドバイス

AmazonやGoodreadsなどのほとんどのレビューサイトでは、通常1から5までの評価を求められます。 各サイトによって評価の仕方は異なりますが、「1」と「5」は非常に稀なケースであることを覚えておいてください。 Amazonのレビューでは、3が成功のボーダーラインです。 2はどうしても気に入らない本のために、1は完全に失敗したときのために取っておくといいでしょう。 これらの数字は、サイトで宣伝されるか、ブラックホールに落ちるかの違いを意味します。

大きな明かしやネタバレがないように、ストーリーの簡単なあらすじを入れておきましょう。

次に、本に対するあなたの反応を述べます。

  • 本についてどう感じましたか? 高揚感がありましたか? ガッカリしましたか? 今までで一番好きな本ですか – 理由は?
  • その本の好きなところ、嫌いなところ、例えば、キャラクター開発、設定の使い方、プロット、ペース、ディテールなどの要素について、具体的な例を挙げてください。 ネタバレしないように、例を挙げてください。 ノンフィクションの場合は、ディテール、構成、テーマへの情熱、言語、トピックの深さなどに注目します。
  • 著者を褒めていますか? 著者が本当に賞賛に値する場合は、確かにそうですが、その理由を説明しましょう。 レビュアーとして一番したくないことは、おべっかを使っているように聞こえることです。

注意してほしいのは、レビューで情熱的な言葉を使うと、Googleのページランキングが上がるということです。

ブックレビューは特別な長さである必要はありませんが、オンラインのコンテンツは短くなる傾向があることを念頭に置いてください。 ですから、私はルールに従っています。 KISS(Keep it short and simple)です。 自分の感想を伝えるのに必要な詳細をレビューに書きますが、褒めちぎったり、批判を繰り返したりしないようにします。

複数のサイトにレビューを書く場合は、同じレビューを使わず、サイトごとにレビューを書き直してください。 Googleや他の検索エンジンは、コンテンツが重複しているページにペナルティを課し、あなたのレビューは表示されません。

最後に、透明性を保ちましょう。 著者とつながりがあったり、レビューのために本の前売り券を受け取った場合は、読者に伝えましょう。 そうしないで後から読者が知った場合、あなたはレビュアーとして信頼されなくなります。

GoodreadsやAmazonのレビューを書く準備はできましたか?

Alan Eggleston氏は元書店員で、フリーランスのブックエディターとして、自身のウェブサイトBooksville Book Clubで本や映画のレビューを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です