I’m Feeling Bored: 退屈(と忙しさ)を克服する10の方法

もしあなたが「退屈を感じている」と言っているなら、退屈と忙しさを感じることは同じ問題であることを認識することが重要です。 慢性的な退屈さと忙しさを同時に解消しようとするのは野心的すぎると主張する人もいます。

問題は、自分の注意力をどのように管理するかにあります。

退屈とは、注意を費やすための質の高い方法が少なすぎると感じることです。 忙しさは、強制的な退屈です。

I’m Feeling Bored: It’s in your mind

退屈や忙しさの感じ方は主観的なものです。 世界を見渡して、それが忙しいとか退屈だと主張することはできません。 これらの感情が主観的であると言うのは当然ですが、重要なポイントを見逃しています。

忙しくもなく退屈でもない「夢中」とは、質の高い活動に注意を向けているときに起こります。 情熱を持って取り組んだプロジェクト、家族と過ごした時間、スカイダイビング、太陽の下での休暇などです。

その理由として考えられるのは、より質の高い体験をしていることです。

最良のケースでは、自分がやっていることを中心に現実全体が動いています。

Advertising

活動の質を高める

では、「退屈を感じている」というときに、どのようにして経験の質を高めるのでしょうか。 私は、大きく分けて「外部」と「内部」の2つの方法があると考えています。

以下に、体験の質を向上させるために考慮すべきいくつかの方法をご紹介します。

外部的に

1. 計画的に行動する

大きなギャップや仕事が後に回らないように生活をスケジュールしましょう。 頻繁に退屈している人は、質の高い体験をするためのスケジュールを立てることができます。

  • 来月の週末の行動を今から計画しましょう。
  • 自分の時間を必要としているものを把握しましょう。

2.Win-Win

質が低いと思われる活動をしなければならないとしたら、退屈に感じてしまうでしょう。

退屈な雑用を、成長や学習の機会に変えましょう。

例えば、通勤中や家の掃除をしているときに、オーディオブックや講義を聞いてみましょう。 やるべきことは、常に時間よりも多いのです。

自分の人生のビジョンを設定し、すべての行動がそのビジョンにどのように貢献しているか、あるいは貢献していないかを判断します。

自分の人生のビジョンを設定し、すべての行動がそのビジョンにどのように貢献しているか、あるいは貢献していないかを判断します。

日々の仕事に優先順位をつけやすくするために、無料のワークブック『Create More Time Out Of A Busy Schedule』を手に入れましょう。 このワークブックがあれば、日々のスケジュールを効果的に計画し、忙しさを解消することができます。 無料のワークブックはこちらから。

Advertising

4.体験の質を第一に考える

約束を果たさない外的な目標にとらわれがちです。

人生のビジョンに沿ったSMART(具体的、測定可能、達成可能、関連性があり、期限付きの)目標を設定しましょう。

5. 動機を逃す

習慣は人生の一部ですが、それだけにならないようにしましょう。 自分が必要としているものが得られないのであれば、そのパターンから抜け出しましょう。 家に閉じこもるのではなく、金曜日の夜は外に出て新しい人と会う。 いつもと同じことをするのではなく、何かをするのです。

日課から離れる時間を設定しましょう。

新しいことに挑戦することに「イエス」と言いましょう。

Internally

経験の質を向上させ、退屈を克服する方法のほとんどは、内面的なものです。 何をするかだけでなく、どのようにするかも重要であることを忘れないでください。

1. 内面の世界を構築する

「退屈だな」と思ったときに、自分と現実の間に完全な溝を作ることを勧めているわけではありませんが、身の回りの環境に質を見出せない場合は、自分の中に質を見出すことができることも認識してください。

内部の問題を解決したり、知識を見直したり、新しいアイデアを思いついたり、ストーリーを作ったり、さらには将来の計画を立てたりすることは、外部からの刺激がなくても心の中で探求できる分野です。

広告

「退屈」な瞬間をブレインストーミングのチャンスにしてみましょう。

どうしても困ったときは、身近な人や物を2~3個使ってストーリーを想像してみましょう。

2.今に質を求める

いくつかの簡単な質問から始めてみてください。 今、あなたは何をしていますか? 自分にとって価値のあるものは何か見つけられるだろうか?

行列に並ぶなどの行為は、自分を見つめ直す瞬間や、自分のビジョンを思い出す時間に変えることができます。

3.抵抗しない

忙しさや退屈は、あるがままに抵抗している症状とも言えます。 どのような状況であっても、それを完全に受け入れ、最大限に活用することが、退屈を克服する方法の1つです。

抵抗は中途半端にはできないものです。完全に突き放して他に質を求めるか、周囲を受け入れてここに質を求めるか。

4.自分を解き放つ

精神的な不安の多くは、何かを強制されていると感じることで起こります。 仕事に行かなければならない、テスト勉強をしなければならない、あれをしなければならないなどです。 何もしなくてもいいことに気づき、異なる結果を受け入れればいいのです。

不快感の原因となっている活動が必要不可欠なものなのか、それとも消耗品なのかを考えてみましょう。 例えば、請求書の支払いは譲れませんが、より質素な生活を選んだり、楽しい仕事を積極的に探したりすることができます。

広告

自分の自由を思い出すために、マントラを使ってみましょう。 “私は自由だ」「私には状況を変える力がある」という言葉は、自分には選択肢があるという考えを強めてくれます。 やめる

「退屈」と「過負荷」はどちらもパターンです。 これらは、自分自身に課せられた精神的なスパイラルであり、お互いにループしています。

退屈から抜け出すために瞑想をしましょう。

退屈や忙しさの原因は、自分がしていることから切り離されていると感じることです。

瞑想の方法はこちらで紹介しています。

感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

感謝の気持ちを持つようにしましょう。つまらなさや忙しさを感じたら、うまくいっていることを考えてみてください。

The Bottom Line

退屈も忙しさも原因は同じなので、同じ戦略で取り組むことができ、バランスのとれたマインドセットのスイートスポットを見つけることができます。 退屈を感じている」と言い始めたときに質の高い活動を見つけることで、驚くほど早く状況を好転させることができるでしょう。

More Tips on Tackling Boredom

  • 50 Things to Conquer Winter Boredom
  • 15 Productive Things to Do When Bored (So Time Is Not Wasted)
  • What to do when Bored at Work (And Why You Feel Bored Actually)

Featured photo credit: Siddharth Bhogra via unsplash.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です