In-group Bias

私たちは皆、自分が公平で、合理的であると思いたいものです。 ほとんどの人は、自分は(他の人と違って)偏見や先入観がなく、他の人を見たり扱ったりする方法は正当なものに違いないと自信を持っています。

このバイアスの力を示す典型的な研究の1つが、心理学者のマイケル・ビリッグとアンリ・タージフェルによるものです。 1973年に行われた実験では、参加者はまず2枚の絵を見て、どちらの絵が好きかを記入しました。

この時点で、参加者の中には、絵の選択によって特定のグループに振り分けられたことを告げられた人と、ランダムなコイントスによってグループに振り分けられたことを告げられた人がいました(対照として、他の参加者はグループに属することを何も告げられず、単にコード番号を割り当てられただけでした)。

その後、参加者はそれぞれ個室に入り、小冊子に印をつけることで他の参加者に本物のお金を与えることができると告げられました。

この研究は、研究者が内集団バイアスの原因を解明するために計画されました。

この研究は、グループが無作為に決定されたと言われても、人はグループのメンバーに対してより寛大になるのか?

その結果、グループがなぜ作られたかにかかわらず、人々は自分のグループのメンバーにより多くのお金を与えることがわかりました。つまり、コイントスで割り当てられた場合でも、人々は自分のグループのメンバーにより多くのお金を与えたのです。

しかし、内集団バイアスは、内集団への優しさにとどまらず、外集団への危害にまで波及することがあります。 集団内バイアスを示すもう一つの有名な研究は、ムザファー・シェリフが行った「Robbers Cave」研究です。 この実験では、11歳の少年22人が模擬サマーキャンプに連れてこられ、「Eagles」と「Rattlers」の2つのチームに分けられました。 2つのチームは別々に分けられ、様々なアクティビティで競い合うときにだけ交流しました。 2つのチームはお互いに敵意を示し、最終的には暴力にまで発展しました(この実験を「現実の蝿の王」と呼ぶ人もいます)。

もう1つの問題点は、集団内の偏見とそれに伴う偏見が、人間には非常に幼い頃から現れるということです。

3歳の子どもは、自分の属するグループに好意的な態度を示し、5歳から8歳の子どもを対象とした研究では、大人と同じように、自分のグループが無作為に割り当てられたか、より意味のあることに基づいて割り当てられたかにかかわらず、偏見を示すことがわかりました5

グループのメンバーシップは、私たちのアイデンティティの一部を形成する

グループ内の偏見が起こる理由については、いくつかの理論がありますが、最も有名なのは、社会的アイデンティティ理論として知られているものです。 このアプローチは、人間は自分自身を含めて物事を分類するのが好きだという、人間の基本的な事実に基づいています。 私たちは自分自身を含め、物事を分類するのが好きです。私たちのアイデンティティの概念は、部分的には自分が属する社会的カテゴリーに基づいています。 例えば、性別、国籍、所属政党など、あらゆる属性がカテゴリーに含まれます。

人間に関するもう1つの基本的な真実は、人間には自分自身を肯定的に感じたいという欲求があり、自分が他の人に比べてどれだけ優れているかを過度に楽観的に考えることが多いということです。 このような自己強化のプロセスは、自分と他人を分類する際の指針となり、外集団を卑下し、内集団を支持するステレオタイプに頼ることになります。 要するに、私たちのアイデンティティーは所属するグループに大きく依存しているため、自分自身のイメージを高める簡単な方法は、内集団には善意の輝きを与え、外集団にはその逆を行うことなのです4

社会的アイデンティティー理論を支持する研究では、自尊心の低さが外集団に属する人々に対する否定的な態度と関連していることがわかっています。 ポーランドで行われたある研究では、参加者は自尊心、集団的自己愛、内集団の満足度、外集団への敵意など、いくつかのアンケートに答えました。

その結果、自尊心は集団内満足度と正の相関があり、集団的自己愛とは負の相関がありました。 言い換えれば、自尊心が低い人ほど、集団の一員であることが自分のアイデンティティの中心に据えられているということです。

私たちは他者からの互恵性を期待する

社会的アイデンティティ理論は、最小集団パラダイムを考案したBilligとTajfelによって提唱され、内集団バイアスの説明として一般的に受け入れられています。

山岸ら(1998)は、Billig and TajfelのMGP研究を再現しましたが、その際、一部の参加者は、他の参加者からもらったお金を受け取るのではなく、実験者から固定額をもらいました。 つまり、他の参加者からもらったお金ではなく、実験者から決まった金額をもらった参加者は、お金の配分を決めても、実験終了時に自分が受け取る報酬には関係がないことが明らかになった。

この結果は、他の研究者が、単にグループに属することでグループ内バイアスが生じると結論づけたことと矛盾します。 集団が形成されると自動的に発生するのではなく、自分の善行が集団のメンバーから報われるという期待があって初めて、集団への好意が発生するのではないかというのです。 言い換えれば、所属するグループがあると、「グループ・ヒューリスティックス」が生まれるようです。これは、グループ内のメンバーからの互恵性を期待するもので、必ずしもグループ外のメンバーからの互恵性を期待するものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です