INSULIN RESISTANCE TESTING

Insulin Testing

米国では人口の約25%がインスリン抵抗性であると推定されています。 これらの人々の中には、2型糖尿病を患っている人や、これから患う人もいます。 インスリン抵抗性は、糖尿病になる10~15年前に発症します。 初期の段階では自覚症状がないことが多いです。 インスリン抵抗性は、心筋梗塞や脳卒中、女性の不妊症など、深刻な健康問題と関連していることが明らかになっています。 したがって、インスリン抵抗性を早期に発見し、治療することが重要です。 効果的な治療は医療機関で受けることができます。

検査の手順

概要

この検査は約2時間半の特別な検査で、予約が必要です。

検査前
検査の前夜は、検査が終了するまで水を除いて午前0時以降は何も食べたり飲んだりしないようにしてください。

検査中

  • 禁煙
  • 咳止め薬禁止
  • ガム禁止

スケジュール

予約は208-529-8330に電話してください。

よくあるご質問

インスリン抵抗性とは何ですか

この質問にお答えする前に、インスリンの働きについてご理解いただくことが重要です。 インスリンは、膵臓で作られるホルモンです。 インスリンは、ブドウ糖を燃料として利用したり、貯蔵したりするのに役立ちます。 あなたの体は、インスリンを使って、血液中の糖分(グルコース)のレベルを調節しています。

インスリン抵抗性の図

インスリンは、血流に乗って細胞壁に移動し、細胞の側面にある「鍵穴」に例えられるインスリン受容体に付着します。 インスリン抵抗性になると、鍵穴がインスリンに反応しなくなり、メッセージが細胞の「本部」(核)に効率的に届かなくなります。 血糖値を正常な範囲に保つためには、より多くのインスリンが必要となります。

体内では、長年にわたってインスリンが過剰に分泌されています。 2型糖尿病の傾向がある方は、最終的には膵臓が大量のインスリンの要求に追いつけなくなります。 インスリンを作る能力が低下すると、血糖値が上昇し始めます。

インスリン抵抗性の原因

遺伝、座りっぱなしの生活、喫煙、体重過多、特定の薬、不健康な食事など、すべてがインスリン抵抗性の原因となります。

どのような人が検査を受けるべきですか?

次のような方は検査を受けることをお勧めします:

  • 近親者に2型糖尿病の方がいる
  • 体重が9ポンド以上の赤ちゃんを出産した
  • 食事や運動に変化がなく、過去1年間で10ポンド以上体重が増加した
  • 高血圧
  • 高トリグリセリド
  • 低血糖症(低血糖)の既往歴
  • 多嚢胞性卵巣症候群

インスリン抵抗性はどのように診断されますか?

Express Labで行われる検査は、2時間のブドウ糖負荷試験で、同時に血清インスリン値も測定します。 検査の準備として、検査の10時間以上前から何も食べない、飲まないことが必要です。 検査では、まず高グルコース飲料を飲みます。 最初に採血を行い、その後2時間の間、30分ごとに採血を行い、高グルコース飲料に反応して血漿グルコースとインスリンレベルがどのように変化するかを調べます。 検査技師は、検査結果からインスリン抵抗性スコアを算出します。 このスコアは、医師があなたがインスリン抵抗性を持っているかどうか、持っている場合はどの程度の重症度かを確認するのに役立ちます。 検査結果が出るまでには、約2週間かかります。

インスリン抵抗性の治療方法

ステップ1:運動量を増やす

運動をすると、少ないインスリンで血糖値を使い切ることができます。 時間をかけて、あなたの細胞がインスリンに対してより敏感になるように「訓練」します。

ステップ2:健康的な食事をする

毎食、精製された炭水化物を少なくし、果物、野菜、全粒穀物、健康的な脂肪を多く摂る、心臓に良い食事をすることが非常に重要です。 1回や2回の大きな食事よりも、少量の食事をたくさんとる方がよいでしょう。

ステップ3:現在の体重(体脂肪)の5〜10%を減らす

ほんの少しでも体重が減ると、大きな違いが生まれます。

ステップ4:インスリン抵抗性を下げるための薬が必要な場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です