IVのお気に入りの発明品。 バベッジ・マシン

私たちの歴史の中で、科学者、エンジニア、航海者は、複雑な数学的機能を実行するために、人間の計算に頼らなければなりませんでした。 数学者のチーム、つまり「人間計算機」は、間違いのない方程式やデータの表を作成する役割を担っていました。 問題は、人間の計算機は完璧ではないということだった。

1822年、数学者であり発明家でもあったチャールズ・バベッジは、この状況を一変させるアイデアを思いついた。 人為的なミスに不満を抱いていたバベッジは、数学関数の計算プロセスを自動化するために「差動エンジン」を設計しました。 このエンジンは、有限差分という方法で数値を計算するように設計されている。 この方法の最大の利点は、足し算だけで計算できることであり、機械的に実現するのが難しい掛け算や割り算を必要としないことである。

差動エンジンの設計を担当したのはバベッジでしたが、実際に作られるまでにはさらに153年の歳月がかかりました。 2002年には、バベッジのオリジナル図面に忠実に機械式計算機が作られた。 これは、共同設立者であるネイサン・マイルボルドのおかげです。 Myhrvold氏は、ロンドン科学博物館のディファレンスエンジンNo.2の出力機構の一部に資金を提供しただけでなく、ディファレンスエンジンNo.2の所有者でもあり、ホワイエに展示されている機械式計算機は、世界に2台しかないうちの1台なのです。

チャールズ・バベッジの機械式計算機のビジョンがない世界を想像するのは困難です。

チャールズ・バベッジの機械式計算機のビジョンがない世界を想像するのは困難です。 チャールズ・バベッジは、宇宙の複雑さを扱いやすいパーツに分解する能力を持っていました。

IVのお気に入りの発明品については、暗号機と消防ホースの記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です