Journey Behind the Falls

これは、ナイアガラで最も古い観光スポットの一つです。

1990年代まで「シーニック・トンネル」と呼ばれていたこのトンネルでは、世界の淡水の5分の1が下の滝壺に流れ落ちる光景を目の当たりにすることができます。 夏の日中には、毎秒2,800立方メートルの水が時速65キロで流れ落ちています!

キャタラクト・ポータルと、巨大な水の後ろにあるグレート・フォールズ・ポータルに案内されます。

その先にある「カタラクト・ポータル」と「グレート・フォールズ・ポータル」では、巨大な水の後ろにある「アッパー・オブザベーション・デッキ」と「ローワー・オブザベーション・デッキ」から、信じられないような壮大な景色を見ることができます。

ザ・ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズは、テーブルロック・ウェルカムセンター(6650 Niagara Parkway)にあります。

お土産の生分解性レインポンチョは、ピークシーズンには滝の霧から身を守るために提供されます。

*下側の展望台は、天候の安全性と氷の状態のため、冬の間は閉鎖されます。

価格

  • 2020年夏季料金 大人23ドル+税、子供15ドル+税

HISTORY

1903年、ホースシュー滝の裏側に、滝のふもとにある発電所で働く従業員を運ぶためのトンネルと、それに接続するエレベーターが建設されました。 1924年には、ホースシュー・フォールズの下に50メートル以上の延長部が作られ、その後、電気が通ったり、コンクリートで裏打ちされた保護されたトンネルが作られるなど、時代とともに変化していきました。

1951年には屋外の展望台が建設され、現在の「ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ」が出来上がったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です