List of Eminem feuds

エミネムとの確執のリスト

Everlast

エミネムは彼を「エクスタシージャンキー」と罵った。

明らかにエミネムはEverlastに最後の言葉を言わせるつもりはなかった。 その数週間後、エミネムはThe Dirty Dozenをフィーチャーした「Quitter」という曲を完成させている(下記参照)。 この曲の中でエミネムは、Whitey’s RevengeでEverlastが提案した「F*ck you, fat boy, drop the mic, let’s fight…」という物理的な戦いに答えている。

この曲の中でエミネムは「彼はラップも歌もできないが、両方やりたいと思っている」と発言し、D12はエバーラストの人格をさらに貶めるような発言をしています。ラップグループDilated Peoples’のメンバーであるエビデンスは、エミネムに対して「Search For Bobby Fischer」という曲で反論しました。 これに対してエミネムは「Girls」という曲で応戦しました(この曲については「Limp Bizkit Beef」も参照)。

Royce da 5’9

エミネムとロイスは、Tommy BoyレコードでBad Meets Evilという名前でコンビを組んでいました。 このチームは「Slim Shady LP」、「Bad Meets Evil」、「Scary Movies」、「The One」などのヒップホップの名曲を録音している。牛肉の始まりは、D12とD-EliteのコンピレーションであるDJ Butterのトラック「Don’t try this at home」だった。 この曲の中で、D12のBizarreがRoyceをディスっていました。

これを聞いたロイスは、主にビザールに対して「Shit On You」というディス・レコードを書き、明らかにD12の「Shit On You」のビートに乗せていましたが、D12との確執を始めたくなかったのでリリースしませんでした。

しばらくすると、EminemとRoyceは別れを告げ、あまり話さなくなりました。 と質問されました。

このロイスの発言を聞いたD12は、これを挑戦状と考えました。

D12は、Royceのこの発言を聞いて、挑戦者として考えた。デトロイトで行われた50セントのリリース・パーティーで、D12はミックステープを録音し、ハードコア・ファンに無料で配布した。 1曲目は「Smackdown」というタイトルで、Royceが彼らを罵倒したインタビューからスタート。 このトラックは、50セントの「バックダウン」のビートに乗って、全面的なディス・レコードとなった。

これを聞いたRoyceは、地元のラジオ局にインタビューに行き、「3回はもっとハードに戻ってくる」と言っていました。

この話を聞いたRoyceは、地元のラジオ局にインタビューに行き、「もっと激しく3回戻ってくるつもりだ」と言いました。 それから数日後、Royceは約束を守り、3つのトラックをリリースしました。「Malcolm X」はD12全員をディスっていて、「What We Do」は同じくD12をディスっていて、最後に「We Riding」はEminemに向けたフルトラックです。 どの曲も、前作よりもハードに仕上がっています。

これらの曲の後、D12は明らかに姿を現しました。 その証拠に、D12のリング・リーダーは、50セントの「Many Men」をリメイクしてリリースしました。 このトラックは、ディスるためのひどい試みだと思われました。 その直後、プルーフはデトロイトのグループ “Purple Gang “を率いて再び戻ってきて、”The Beef Is Over “というタイトルのもっとハードなディス・トラックを録音した。

この後、RoyceとProofはまだ脅しなどのやり取りをしていましたが、2人だけでデトロイトで会うことで永久に終わらせることにしました。 ロイスとプルーフは、デトロイトで会ったとき、武器を持っていたとして逮捕されました。 逮捕された二人は一晩一緒に監房に入り、その場で話し合いをして解決したという。

Ja Rule

エミネムのJa ruleとのビーフは、ラッパーの50 CentがJa ruleとのビーフをしていたときに、両者がラップのキャリアに興味を持ち始めたことから始まったものです。 エミネムとジャ・ルールは、ニューヨークのクイーンズというジャマイカ人居住区で生まれました。 しかし、当時のJa Ruleはニューヨークで最も偉大なラッパーの一人とみなされており、1999年にはアルバム「Venni Vetti Vecci」でプラチナ・ディスクを獲得していました。一方、50 Centはミックステープを販売し始めたばかりで、Ja Ruleのように大規模なキャリアを積んでいませんでした。 この時点では、50セントはエミネムに見出されておらず、かといってシャディー・レコードと契約しているわけでもなく、契約を模索していた。 1999年に行われたJaのシングル「Murda 4 Life」のビデオ撮影の際に、50 CentがJaに話しかけようとしたらしいが、50によると彼は非常に見下した態度をとったそうで、50がJaとJaのクルーにMurder Inkと契約してみてはどうかと提案したところ、非常に見下した態度でストレートに断られたという。 後にFiddy(50)が怒った後、JaはFiddyが「自分が得た全ての愛」を見るのが好きではないと述べたと報じられている。 同月末、ジャ・ルールは、別のミュージック・ビデオを撮影していたサウスサイド・ジャマイカ・クイーンズで銃を突きつけられ、チェーンを奪われた。 しばらくして、ジャ・ルールは50と一緒にクラブにいる強盗の人物を見つけ、激怒した。 2005年に出版されたFiddyの伝記「From Pieces to Weight」には、その時の様子が書かれています。 “ジャは俺がクラブで自分を襲ったガキと一緒にいるのを見たんだ。 俺はジャに『どうした』と言いに行ったら、ジャは俺に文句があるような態度をとったんだ」と交流を語っている。 その年の後半にも、50は棚上げになっていたデビューアルバムからシングルをリリースし、ジャ・ルールをディスっています。このトラックでは、Fiddyは実際にジャ・ルールを直接言ってはいませんが、十分な絵を描き、ファンはその点を理解しました。 その次のステップとして、FiddyとJa Ruleがお互いに知らないまま、アトランタのナイトクラブでパフォーマンスをすることになったことで、このビーフは本当に激しくなりました。 その夜、何が起こったのかについては、さまざまな矛盾した報告がなされていますが、何らかの形で始まったことは明らかです。2人はお互いを見て話をし、ジャがフィディを問い詰めるような短い口論をした後、双方がパンチを振るうような物理的な状況になったのです。 ジャがフィディのシャツを頭からかぶって殴り始めたと主張したり、フィディがジャを殴り倒して鎖をもう1本盗んだと主張したり、クリス・ゴッティがジャ・ルールに殴られてフィディが逃げたと言ったり、フィディの仲間がジャの鎖を壊したと言ったりと、喧嘩の正確な経緯は不明だ。 しかし最終的には、その夜に何が起こったにせよ、2000年3月には、ジャ・ルールがニューヨークのヒット・ファクトリーのスタジオでレコーディングをしていると聞いたフィディが刺されるという、さらなる暴力事件を引き起こした。 刺されたのはJa Ruleの仲間でMurder IncのシグニーであるBlack Childで、この事件でJa RuleとMurder Inc全員が逮捕されたが、Fiddyは命に別条はなかった。 2002年8月、FiddyはGユニットと「No Mercy, No Fear」をリリースし、Jaに対する最初の直接的なディスは「Wanksta」だった。Fiddyはいくつかのディス・トラックをリリースしたが、Jaは2003年4月に「Loose Change」というディス・トラックをリリースし、Fiddy、Eminem、D12、Gユニット、Dr Dre、そしてJaのかつての仲間であるBusta RhymesとChris Lightyをディスした。 この曲では、Fiddy、Eminem、D12、G-unit、Dr.Dre、そしてJaの元同僚であるBusta RhymesやChris Lightyをディスっています。

この曲の中でJaは次のように述べています。「Em, you claim your mother’s a crackhead
And Kim is a known slut
So’s Hailie gon’ be when she grows up?

ご存知のように、エミネムはこの曲の中で自分の娘について言及することを快く思っておらず、Jaのディスがリリースされたわずか1週間後には、エミネム、50セント、バスタ・ライムスが「Hail Mary」で彼をディスしています。 その後、エミネム、オビー・トライス、D12が「Doe Rae Me」で再びジャ・ルールをディスっています。 Jaはアルバム『Blood In My Eye』でそれに応えた。

Insane Clown Posse

WHOOP WHOOPこのエミネムとインセイン・クラウン・ポッセ(ICP)の争いは、1997年にエミネムが参加していたレコード・リリース・パーティーのフライヤーを配っていた時に始まりました。 そのフライヤーには「ICPからの登場…かも」と書かれていました。 Violent Jはこれが気に入らず、Eminemに「俺達が来るかどうかも分からないのに、どうしてこのチラシに載せるんだ? Eminemはこう答えました。「今から聞くが、お前は来るのか、来ないのか? Violent Jは、こんなチラシに俺たちの名前を載せなければ、俺たちは来たかもしれないのに、と言いました。 そして、Violent Jは立ち去った。 エミネムはすぐにインタビューや友人との会話でICPを非難し始めました。 エミネムは『Till Hell Freezes Over』、『Get You Mad』、『Drastic Measures』でICPを攻撃した。 また、エミネムは1999年のハワード・スターン・ショーでもICPを侮辱した。 このようなことがあった後、ICPは1999年から2000年の初めにかけて、「85 Bucks An Hour」でエミネムにジャブを打ち、「Blaze Ya Dead Homie」の曲「Shittalkaz」でもエミネムをディスり、エミネムは「Marshal Mathers and Ken Kaniff」というスキットで報復した。 エミネムはコンサートでもICPをディスっており、Violent Jがエミネムに「フェラしてくれないか」と頼む電話を演出したり、悪名高い爆破人形のスキットを行ったりしている。 また、ICPはMTVのスポット番組に出演し、エミネムに喉を殴ると脅したり、エミネムの膨らませた人形を殴って頭を引きちぎる実演をしたりして、当時の抗争を詳述しました。 また、ICPは「My Homie Baby Momma」や「Please Don’t Hate Me」でエミネムをディスり、「Cherry Pie」ではエミネムの母親を揶揄しています。 同年、エミネムはICPのロード・マネージャーをデトロイトの店で見つけ、顔に銃を突きつけたが、後にそれは空だったことが判明し、ICPの次のレスポンス・レコードに大砲の餌食となった。 2002年、エミネムは「Monkey See Monkey Do」でICPを非難した。 2003年にリリースされた「Hard Times」というEshamの曲で、Shaggy 2 Dopeがヴァースを担当したのがICPの最後の侮辱だった。 2005年頃、Violent Jがインタビューに答え、YouTubeにアップされている「Violent J speaks on Eminem Beef Proof of D12」では、その年にD12が昔の確執を解消するためにボーリングゲームをして牛肉を解消している。 ICPは、アルバム「Relapse」に収録されている彼の曲「3 am」も褒めています。 また、エミネムは様々な曲でViolent Jに肯定的な言及をしている。 2017年にはInsane Clown PosseがShade 45に出演してインタビューを受けている。

Jermaine Dupri

このビーフは主にDr DreとJermaine Dupriの間で起こったものだが、エミネムはDreを支持し、XzibitとともにJ.Dに対するビーフに加わった。J.DがXXL誌のインタビューで、自分がゲームで最高のプロデューサーだと主張し、DreやTimbalandよりも優れていると主張したことが始まりだ。 ドレーは、エミネムの「ウィズアウト・ミー」のシングル「セイ・ホワット・ユー・セイ」のB面で、「ゲームの中の誰よりも長くここにいて、自分の年齢について嘘をつく必要はない(でもジャーメインはどうなんだ? 彼には俺やTimbalandの名前を語る資格はないし、俺はお前の小さなインタビューを読んでお前が何を言っているのかを知ることはないと思っている。俺は巨人で、挑発されるまでは動かない。 ミニ・ミーとミニ・ユーたちが裏庭のプールで泳いでいる 8000万枚以上のレコードが売れている 10歳や11歳の子供たちと一緒にやる必要はないのさ” ジャーメイン・デュプリは「JD’s Reply」と題した曲で反論しました

エミネムとXzibitは、SoSoのプロデューサー/ラッパーへの反論として、DJ KaySlayのミックステープに収録されている「Say What You Say」というフリースタイルをドロップしました。 Xzibit自身も、自分のフリースタイルでJDを攻撃しました。

Machine Gun Kelly

2012年にMachine Gun KellyがEminemの娘Hailieのことを “hot as fuck, in the most respectful way possible cuz Em is king. “とツイートしたことから始まりました。 エミネムはこのツイートに完全に振り回されました。 その後2015年になって、ケリーはインタビューで、ある時点でエミネムに届いたらしい自分のコメントが、特定のラジオ局から追放され、自分のキャリアに傷をつけたと主張しました。 エミネムは、2018年8月に発売されたサプライズアルバム『Kamikaze』でMGKへの返答を決め、”Not Alike “という曲でケリーへの言及を盛り込んだ。 “Next time you don’t gotta use Tech N9ne if you wanna come at me with a sub-machine gun,” エミネムはラップした。 “そして、俺はお前に話しかけているが、お前はもう自分が何者か知っているだろう、ケリー、俺はサブマシンガンを使わないし、スニークディスもしないんだ。” このセリフはMGKの目に留まり、トイレでシャンパンを飲んではしゃいでいたMGKは、9月21日に自分のトラックで応えました。 RAP DEVIL」で、クリーブランド出身のラッパーは、エミネムのひげを「気持ち悪い」と言い、エミネムのことを「いつもスタジオに閉じこもっている」と表現し、おそらく最も重要なこととして、エミネムのマネージャーであるポール・ローゼンバーグが自分のキャリアを妨害しようとしていると主張しました。 また、エミネムのマネージャーであるポール・ローゼンバーグが自分のキャリアを妨害しようとしていると主張し、エミネムの最近の音楽は最低だとも言っています。この間、エミネムのファンであるギリシャのラッパー、デナスは、『Life After Death』と『Ms Pac Man』の2曲で『Rap Devil』に反論し、D12のメンバーであるビザールは『Machine Gun Clips』と題したディストラックを発表しました。 MGKはそれに答えることはありませんでした。 エミネムは、ラジオパーソナリティのスウェイ・キャロウェイとのインタビューの中で、MGKが「Rap Devil」で言及したケリーの娘に関するコメントを知ったのは、「YouTubeのクソッタレなワームホール」に落ちてからだと語っています。 しかし、デトロイトのラッパーは、「Not Alike」でケリーを追いかけた理由は、エミネムが共同制作したヒップホップ衛星ラジオ局「Shade 45」を追放された疑惑の方が大きいと明かしています。 “エミネムは、「彼のキャリアを邪魔しようとしているみたいにね。 “お前のキャリアなんてどうでもいいんだよ。 俺がお前のことを本当に考えていると思うか? お前より優れたラッパーが何人いると思ってるんだ? お前は会話にも出てこないんだよ」。 このコメントに続いて、エミネムの新曲「Killshot」が9月14日にリリースされ、すぐにYouTubeで話題になりました。 これに対してMGKは、インタビューでエミネムの対応を批判し、絵文字を使ったツイートをしました。 その後、MGKは別のインタビューで、ワックスの「Killshot」については何も言うことはないと認めた。 MGKはコンサートでRap Devilを披露し続け、エミネムのコンサートではファンがKillshotを聴こうと歓声を上げていましたが、エミネムは「そうしたいけど…でもあのチンポ野郎にこれ以上時間を与えたくないんだ」と言いました。 MGKはその後もRap Devilを頻繁に披露してエミネムを翻弄しているように見え、アルバム『Hotel Diablo』ではFLOOR 13という曲でKillshotの曲を少しジャブったと述べています。 エミネムは、Music To Be Murdered Byの曲「Unaccommodating」「Yah Yah」「No Regrets」で応えた。 アルバムが発売された翌日の2020年1月18日には、マシンガン・ケリーが自身のツイッターで「彼は20年連続で金持ちで狂っている」と返答している。

ニック・キャノン

キャノンは2019年の12月に、スージ・ナイトをフィーチャーした「The Invitation」という曲でエミネムをディスっている。 エミネムは50セントから与えられたアドバイスに従い、反応しなかった。 エミネムとキャノンは、10年以上にわたって反目し合っています。 このビーフの主な要因のひとつは、エミネムが2010年にリリースしたマライア・キャリーのディス・トラックです。 キャノン(当時キャリーの夫)は、このトラックについて、自分のウェブサイトでいくつかのことを述べています。 彼は、音楽が変わったと主張し、エミネムが妻に執着していること、エミネムとキャリーの関係について嘘をついていることを非難しました。 彼は最後に、エミネムは “ニック・キャノンに負けたラッパー “として知られるようになると主張しました。 これに対してEmは、この曲は「二人の幸せを願っている」ものであり、すべては誤解であると反論しました。 後にEmは、妻のために立ち上がったキャノンを尊敬しており、彼がそうすることを期待していたと述べています。 しかし、2010年9月、ニック・キャノンは「I’m Slick Rick(私はスリックリック)」という曲で、妻への侮辱的な歌詞を書いたEmを攻撃しました。 その後、彼は2人の間でボクシングの試合を提案しましたが、実現しませんでした。 最近では、2人に向けられたディス・トラックやツイートはなく、このビーフは沈静化しています。

マイナーな確執

マーシャルには多くの確執がありますが、いくつかの小さな確執もあります。 それに対して彼は、「Without Me」という曲の中の一節で反論しました。

  • ある時、リル・ウェインが彼を呼び出し、彼とコラボレーションするのが怖いと言いました。 Emは後に、その発言でウェインをディスるつもりだったが、結局しなかったと『Talkin’ 2 Myself』で語っている。 しかし実は、Emがウェインとコラボしながら、実際にウェインをディスっていたという説もある(『Drop The World』『No Love』)。
  • ブリトニー・スピアーズ、レディー・ガガ、P.
  • リック・ロス&と50セントの確執が頂点に達していた頃、リック・ロスはエミネムをターゲットにすると脅した。 これに対して50セントは、自身の曲「Officer Ricky (Go Ahead Try Me)」のエンディングで「Emにたどり着くには、俺を通さないとダメだ!」と発言。 リック・ロスは、50セントの命令に従って、自分と50セントとGユニットの間だけの関係を保っていたようです。 目撃者の証言によると、50セントとドクター・ドレーは逃げ隠れしたが、エミネムと他の数人が立ちはだかり(ある目撃者によると、エミネムは防弾チョッキを取りに行って戻ってきた)、スゲとそのチンピラたちと小さな対決をしたという。 その後、スージ・ナイトは去り、何事もなかったかのように再開しました。
  • 2000年、Tha Realestという名のラッパー(トゥパック・シャカールによく似ていることで有名)が、デス・ロウ・レコーズの元メンバーを攻撃するディス・トラックに登場し、そのトラックの中でエミネムにも2回ほど小さなジャブを入れています。 また、Tha Realestはその後、完全なディス・トラックとされるものをリリースしていますが、エミネムは自分をディスる小心者たちに常に反応しており、トラックの冒頭でMarshal Mathersにも反応したとされていますが、エミネムはTha Realestのような小心者に直接打撃を与えることでスタジオの時間を無駄にすることはないので、これは考えにくいことです。
  • アンダーグラウンドのラッパー、ミルクボーンは、エミネムが『Slim Shady』LPでI’m on a Serch to crush a Milkboneという歌詞をラップした後、『Dear Slim』と『Presenting Miilkbone』の2曲でエミネムをディスっている。
  • Nellyは2000年代前半にMTVの「Total Request Live」に出演しました。 ネリーは、エミネムに対して多くのディスりや暴力的とも思えるコメントを送り、デトロイトのラッパーに対する嫌悪感をあらためて表明しました。 ネリーは、エミネムが自分の陰でネリーのことを話している、と言った。 さらに、ShadyはNellyの故郷であるセントルイスでツアーをしない方がいい、なぜならセントルナティックが彼らをすぐに殺してしまうからだと言いました。 さらには、「Eats m&ms」とまで言っています。 エミネムは、ネリーのディスりに対して、「デトロイト・グラマー」という曲を発表しました。 その後、ネリーはM&Mを食べると言った後、エミネムに謝罪の電話をしており、これがこのビーフが止まった理由の最たるものと思われます。
  • K-Rino(テキサス出身のアンダーグラウンド・ラッパー)が、エミネムの人種差別テープに対抗して、トラックでエミネムをディスった。最も有名なのは、1988年の悪名高い「Foolish Pride」トラック。
  • 2004年に50セントが幼なじみのバング・エム・スマーフと対立したことで、バング・エム・スマーフがイントロを担当したゲリラ・ブラックのフリースタイルでエミネムが攻撃されることになったが、バング・エム・スマーフは現在エミネムとは何の問題もなく、スージ・ナイトの事件について作ったビデオでもエミネムを称賛している。
  • 2013年、エミネムは2013年のヒット・シングル「Rap God」で「Lookin’ Boy」をサンプリングしましたが、グループはエミネムがサンプル使用の許可を受けておらず、クレジットも補償もしていないと主張しています。 2013年11月、Hotstylzは「Rap Fraud」と題したエミネムへのディス・トラックを発表し、エミネムの曲のいくつかをサンプリングして、自分たちをクレジットしていないと批判しています。 2015年1月には、HotstylzがエミネムとShady Recordsを相手に、「Rap God」に「Lookin’ Boy」の25秒間のサンプルを無断で使用したとして、800万ドルの訴訟を起こしたとTMZが報じています
  • エシャムとエミネムは2001年頃に対立しており、エシャムはMMLPでのエミネムの「Fuck Acid Rap I rap on acid」というセリフに腹を立てたと言われています。 2001年から2002年にかけてEshamは「Chemical Imbalance(ケミカル・インバランス)」という曲を発表し、EminemやEshamの娘までもを批判したのです。 その後、D12と他のメンバーがEshamと彼のクルーに飛びかかり、Eshamはかなりの怪我を負った。その後、EshamはProofともう一人のD12メンバーに飛びかかって復讐しようとしたが、結局失敗し、Eshamは再び殴られることになった。
  • ラッパーのHaystakは、2009年に様々な曲やコンサートでEminemを攻撃し始めましたが、これはEminemとICPの間にあった、当時潰れていた古いビーフに刺激されたものと思われます。 HaystakはEminemの吹き替え人形の寸劇を真似して、観客にFuck Eminemと唱えさせました。EminemはRelapse Refillの曲Drop A Bomb On Emでそれに応えたと言われています。 これに対してHaystakは、侮辱したり、50 Centをディスったりしてやり返しました。
  • エミネムはキャリアの中で、ドナルド・J・トランプ、ジョージ・W・ブッシュ、ビル・クリントン、ヒラリー・クリントンなど、多くの政治家を様々な曲で攻撃してきたが、現在はそのようなことはない。
  • Pacewon from the Outsidaz & エミネムは大成功を収めた後、Emがグループのことを”忘れてしまった”ことで仲違いしてしまった。 2014年にエミネムがリリースした「Fine Line」という曲では、エミネムが旧友のYoung ZeeとPacewonについて言及しています。 Pacewonは様々な曲でエミネムをディスっており、中でも”Rap Music”が有名だ。 & ”He Said It”です。 Young Zeeも”Dear Shady”というタイトルの曲を作っています。
  • TwiztidはICPとのビーフの前にEminemと友達だと言われていました。 しかし、Slim Anusの& Nuttin But A Bitch ThangのトラックでJamie Madroxがエミネムの役を演じたとき、彼らは引き込まれました。 Shittalkazという曲で彼を直接攻撃するのと一緒にね。
  • ジョー・ブッデンとエミネムは少なくとも2017年からビーフを醸成してきた。 D12のBizarreが関与することになった。 ジョー・ブッデンはインタビューでエミネムを酷評し、ある番組ではフリースタイルでビザールをディスり、ビザールはそれにLove Tapで応えた。 エミネムは2018年のアルバム『Kamikaze』でもブッデンを攻撃している。
  • ブランド・ヌビアンというグループのロード・ジャマーは、2013年に白人ラッパーを「ヒップホップのゲスト」と呼んだ。 エミネムは2018年に自分の曲『Fall』でロード・ジャマーをそのことでディスり、マックルモアと比較した。 LJはYanadameen Godcastで反論し、Vlad TVのインタビューでエミネムをトラッシュし続けている。
  • Charlamagne Tha Godは、2017年のアルバム『Revival』や、BET Cypherを叩いたことで、エミネムとの確執に陥った。 エミネムは2018年の『The Ringer』&秋などのトラックで反撃しました。 シャラマーニュはMGKの尻にキスすることに頼り、Rap Devilの曲を賞賛した。 エミネムは翌年、コンウェイ・ザ・マシンの『BANG』でもう一発送った。
  • エミネムはアルバム『Kamikaze』で、ショーン・シー、タイラー・ザ・クリエイター、リル・ポンプ、リル・ザン、リル・ヤッチー、ヴィンス・ステイプルズ、21サヴェージ、ミーゴス、ヤングMA、イギー・アゼリア、ダイ・アントウォードなどを攻撃した。
  • これがディスであることは確認されていませんが、エミネムがThe RingerでNFを “Recovery clone “と呼んでいるという噂があります。 これは、NFがエミネムと比較されることが多く、彼の音楽がアルバム「リカバリー」のように聞こえることから、ディスとみなされたのです。 その1年後には、NFの曲「Returns」でエミネムをディスっていると言われました。 NFは、自分の曲がディスっていることを否定し、また、The Ringerのセリフもディスっているわけではないと否定しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です