Microsoft 初の Office アプリが Linux に登場

Microsoft は本日、同社初の Office アプリを Linux に導入します。 Microsoft は、Microsoft Teams をパブリック プレビューとして公開し、Linux のネイティブ パッケージである .deb および .rpm 形式での提供を開始しました。 “

このアプリは、Windows や macOS で提供されているものと同じですが、Microsoft が最終版を完成させる前にパブリック プレビューに入っています。 Microsoft は、Teams を Linux に対応させることで、Teams を Office とチームワークのハブとして位置づけ、Linux に依存した混在環境をサポートすることを目的としています。

The Linux Foundation のエグゼクティブ ディレクターである Jim Zemlin 氏は、「Microsoft Teams が Linux で利用できるようになったことを大変嬉しく思います。 “The Linux Foundation のエグゼクティブ ディレクターである Jim Zemlin 氏は次のように述べています。「今回の発表により、Microsoft はチームワークのためのハブを Linux にもたらします。

Microsoft がデスクトップ Linux、特に Office アプリに投資することは意義深いことです。 Microsoft はこれまで、独自の Office アプリで Linux を採用したことはありませんでしたが、今回の Teams の発表は、そのギャップを解消するための手段であると思われます。

Microsoft は、新しい Fluid Framework も開発しています。これは、ドキュメントの概念を取り入れ、複数の人がグラフや表、テキストなどを使って貢献できるクラウド アプリに変えるものです。 Microsoft は先日、Teams が Word のような古いエクスペリエンスと Fluid のような新しいエクスペリエンスを 1 つのハブにまとめる「足場」のような役割を果たすことを明らかにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です