MLB 2020。 Baseball’s Top 10 Bullpensのランキング

9. ロサンゼルス・ドジャース

Photo credit John McCoy, Getty Images

ケンリー・ジャンセンのかつての強力なヒーターは、そのキック力を失っていますが(Fangraphsのチャートでは、昨年の彼の平均速球速度は92マイルと2012年以来の低さでした。

この10年間で最も完成度の高いクローザーの一人であるケンリーは、MLB通算301セーブ(現役投手ではクレイグ・キンブレルに次ぐ2位)を挙げ、生涯13.29 K/9. 昨シーズン、32歳の彼は例年以上に不調に見舞われたかもしれませんが(防御率3.71、キャリアハイの8ブロウセーブ)、ワールドシリーズでの実績を持つ9回要員であることに変わりはありません。 2019年のジョー・ケリーは、ボストンでプレーオフに出場した前年の疲れが目立ち、ERA4.56と例年にないほど低迷し、NLDS第5戦ではハウィー・ケンドリックに逆転満塁ホームランを打たれ、LAの死亡証明書にサインしてしまいました。 しかし、「COVID」と呼ばれる休養期間を経て、フレッシュな状態になったケリーは、契約最終年となる2020年には、より良い姿を見せてくれるはずです。 ドジャースは2019年にMLBで5番目に低いブルペンERA(3.85)をコンパイルし、2018年のオールスター(オークランドで38セーブ、0.78ERA)とリーグで最も汚いシンカーの所有者であるブレイク・トレイネンを追加することで、さらに堂々としたものになる可能性があります。 オークランド・アスレチックス

昨年、目立たないジャーニーマンとして入団したリアム・ヘンドリクスは、オークランドの最新のダイヤモンドの原石としてすぐに頭角を現し、85イニングで防御率1.80、124奪三振(13.13K/9)という輝かしい成績を残しながら、現役のブレイク・トレイネンからクローザーの役割を奪い、最終的に後者を消耗品にしました。 オーストラリア出身で、パース出身のこの右腕は、2019年にブレイクした際には、リリーフ陣の中で勝率(3.5)でトップに立ちました。 ユスメイロ・プティは、アリゾナ、サンフランシスコ、アナハイムでは先発として活躍できませんでしたが、昨シーズンはホールド数でリーグトップの29を記録し、相手の平均打率を.194に抑えるなど、このスポーツのトップセットアップアームの一人として見事に再デビューを果たしました。 左腕のジェイク・ダイクマン(生涯BAA.226)と、旅慣れたジョアキム・”メキシキューショナー”・ソリア(キャリア221セーブ)を従えたA’sと、彼らの容赦ない終盤のリンガー・アンサンブルは、ほぼ不可能に近い難題です。

7.アトランタ・ブレーブス

何年も放置されてきたブレーブスですが、昨年の夏、ついにペンを優先させ、7月31日のトレード期限にマーク・メランコン、クリス・マーティン、シェーン・グリーンの獲得に向けて電話をかけました。 それだけではなく、フリーエージェントで左腕のウィル・スミスを最高額(3年3900万ドル)で獲得しました。 A.J.ミンターは、昨年クローザーを務めたものの、29回1/3を投げて防御率7.06と大失敗しました。 しかし、この26歳の投手は、レフトを食い入るように見ていて、90秒台のチーズのような熱さを感じさせます。 スミスはまだCOVIDの影響を受けており、オールスターに3回出場し、194セーブを挙げたメランコンが一時的にアトランタの9回の砦となっています。 2020年には、有望だが実績のないローテーションを抱え、ブルペンが充実したブレーブスは、豊富なリリーフ陣に大きく依存することになるだろう。 ヒューストン・アストロズ

Photo credit Tim Warner, Getty Images

我々は部屋の中の象にたどり着きました。 正直なところ、悪名高いアストロズは、不正行為のスキャンダルの後、ファンのいないフィールドに戻ってくるという大きな弾丸を免れました。 アストロズは、故チャーリー・マーフィーが「常習的なライン踏み」と呼んだように、コーナーカットなどの野球の不正行為を繰り返していますが、終盤の才能が溢れていることは否定できません。 初のオールスター出場を果たした25歳のロバート・オスナは、すでにシャットダウンの地位を確立しており(生涯154セーブ、キャリア通算打率.201がそれを証明しています)、昨年31ホールドでMLBトップだったライアン・プレスリーは、8回の責任を見事に果たしました。 クリス・デヴェンスキーは昨年、ERA4.83と大暴れしましたが、チェンジアップを武器に活躍しています。 ヒューストンのペンは、昨シーズンの後半、リーグ最高のERA3.59を記録しました。 彼らを好きになる必要はないし、むしろ好きになるべきではない。

5. ミネソタ・ツインズ

6. ミネソタ・ツインズ

昨年、307本の本塁打を記録してリーグを沸かせたツインズは、愛すべき劣等生からワールドシリーズの正当な候補者へと成長しました。 2020年には、元MVPのジョシュ・ドナルドソン(財政的に保守的なツインズには珍しいオフシーズンの出費)の加入により、「ボンバ・スクワッド」のスター的なラインナップが猛威を振るうことになるだろう。 また、ベテランのブルペンが充実していることもあって、ミネソタはALリーグの厄介者としての地位を確立しています。 9回のゲートキーパーであるテイラー・ロジャースは2019年にブレイクし(30セーブ、11.74K/9)、巨漢の右腕トレバー・メイは終盤の殺し屋として活躍しました(64回1/3の栄光のイニングで防御率.184)。 ツインズは昨年の活躍に満足せず、ブルペンの名手タイラー・クリパード(メジャー816イニングで防御率3.14)をフリーエージェントの淵から救い出し、リリーフ陣を充実させました。 タンパベイ・レイズ

昨年、タンパベイのブルペン部隊は、世界制覇を目指して大きく前進し、リーグ最高のERA3.71を達成し、ホールド数も116でメジャートップとなりました。 さすがに予算が限られているチームだけあって、有名選手の力を借りずにこれらの偉業を成し遂げました。プレートを叩くホセ・アルバラード(昨年の平均速球は98.2マイル)や、「オープナー」として活躍したヨニー・チリノスなど、無名の選手たちが大きな貢献を果たしました。 また、ニック・アンダーソン(昨年は65回で110K)は、タンパベイの9回のポストに起用されていますが、これはオフシーズンのトレードで犠牲になったエミリオ・パガン(ERA 2.31、K/9 12.34)が空席になっていた役割です。

3. ミルウォーキー・ブリュワーズ

Photo credit Mitchell Leff/Getty Images

例年のアンドリュー・ミラーのようなロービングでの運用を経て。 昨シーズン、ジョシュ・ヘイダーは、より伝統的なクローザーの役割に移行し、37セーブを記録し、75 2/3イニングで16.75回2/3のイニングで41K/9という驚異的な成績を残しました。 ワイルドカードでワシントンに敗れたミルウォーキーの試合で、ヘイダーが惨敗したことは確かに彼の口に悪い印象を残しましたが(トレント・グリシャムが右翼席で失策したことも、この状況を改善するには役立ちませんでした)、プレーオフでの1つの惨敗がサウスポーの神秘性を失わせることはないでしょう。 対戦相手のキャリアアベレージが.146であることも、その理論をさらに裏付けている。 ハーダーの存在だけで、ミルウォーキーはブルペンのトップ10に入ることができます。 かつてブルワーズの9回を担当していたコリー・ネーベル、デビッド・フェルプス、テキサス・レンジャーズ出身のアレックス・クラウディオがヘイダーの橋渡しをすることで、ミルウォーキーのライトアウトペンはさらに脅威的なものになっています。

2.サンディエゴ・パドレス

カービー・イェーツは昨年、パドレスのハリケーンとなり、時代を代表する2019年の成績(ERA1.19、リーグトップの41セーブ)でサンディエゴのブルペンを支えました。 タンパ、ニューヨーク、アナハイムの3球団で期待外れに終わったイェーツは、本領を発揮するまでに4球団を要したが、彼の全能力がMLBに解き放たれた今、後戻りはできない。 サンディエゴのリリーフ陣は、昨年はイェーツ以外は圧倒的な存在感を示していましたが、フロントオフィスはドリュー・ポメランツを復帰させ、元レイズのクローザー、エミリオ・ペイガンをトレードで獲得することで、それを修正しました。 また、元大リーガーのポール・クアントリル氏の息子で、2016年に1巡目指名を受けたリリーバーとスターターのハイブリッドであるカル・クアントリル氏は、14年間続いたプレーオフ進出のチャンスを潰そうとしているフリアーズにとって、”元祖 “とも言える存在です。

1. ニューヨーク・ヤンキース

Photo credit Hannah Foslien, Getty Images

6フィート4インチの巨体に指先から炎を出すアロルディス・チャップマンは、典型的な終盤の威嚇者です。 このように、アロルディス・チャップマンは、他の追随を許さない球速と、最も強力な打者をも翻弄する消えるようなスライダーを持つ、本物のリック・ヴォーンです(ホセ・アルトゥーベはプレーオフでこのスライダーを高々と叩きつけていましたが、情報を伝えるブザーなしで彼がどうするか見てみましょう)。 チャップマンは、COVIDで欠場していますが、最近のトレーニングの激しさからして、回復していると思われます。 暫定的に、不滅の2016年に史上最高のリリーフシーズンを提出したザック・ブリットン(防御率0.54、セーブチャンスは47回中47回と完璧)が、チャップマンの9回の空白を埋めるのに問題はないでしょう。 デリン・ベタンセスはフリーエージェントでクーデターを起こしましたが、彼が去ってもボンバーズはリリーフの人材に困っているわけではありません。

RADIO.COMアプリで今すぐ聞く
Follow RADIO.COM Sports
Twitter|Facebook|Instagram

RADIO.COMスポーツをフォローする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です