Natural skin surface pH is on average below 5, which is beneficial for its resident flora

文献には様々な皮膚のpH値が報告されているが,いずれも酸性領域であり,pH4.0から7.0までの幅広い範囲にわたっている。 私たちは、多施設共同研究(N = 330)において、シャワーや化粧品の使用を24時間控える前と後の前腕部の皮膚表面のpHを評価しましたが、平均pHは5.12 +/- 0.56から4.93 +/- 0.45に低下しました。 このpHの低下をもとに、「自然な」皮膚表面のpHは平均4.7、つまり5以下であると推定された。 これは,皮膚表面のpHが平均して5.0から6.0の間にあるという一般的な仮定とは対照的に,5.0以下のpH値を実際に記述している比較的多くの報告(約50%)がある既存の文献と一致している。 化粧品,特に石鹸の使用は,皮膚表面のpHに大きな影響を与えるだけでなく,欧州では一般的にpH値が8.0程度の普通の水道水を使用すると,使用後6時間までは皮膚のpHが上昇し,その後は平均5.0以下の「自然な」値に戻る。 pH値が5.0以下の肌は、pH値が5.0以上の肌よりも良好な状態であることが、バリア機能、保湿、スケーリングといった生物物理学的パラメータの測定により実証されている。 また、皮膚の常在菌叢の付着に対するpHの影響も評価され、酸性の皮膚pH(4-4.5)は常在菌叢を皮膚に付着させ続けるのに対し、アルカリ性のpH(8-9)は皮膚からの分散を促進することがわかりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です