NIST Chemistry WebBook, SRD 69

  • Formula: C5H9NO
  • 分子量:99.1311
  • IUPAC標準のInChI:
    • InChI=1S/C5H9NO/c1-6-4-2-3-5(6)7/h2-4H2,1H3
    • 識別子をファイルでダウンロードできます。
    INChI Trust 2011 認証ロゴ
  • IUPAC標準のInChIKey:SECXISVLQFMRJM-UHFFFAOYSA-N
  • CAS登録番号:872-50-4
  • 化学構造。 C5H9NO
    この構造は2dのMolファイルまたはcomputed3dのSDファイルとしても提供されています
    3d構造はJavaorJavascriptを使って見ることができます。
  • 他の名前。M-Pyrol;N-Methyl-α-pyrrolidinone;N-Methyl-α-pyrrolidone;N-Methyl-γ-butyrolactam;N-Methyl-2-pyrrolidinone;N-Methyl-2-pyrrolidone;N-メチルピロリジノン;N-メチルピロリドン;NMP;1-メチル-2-ピロリジノン;1-メチル-2-ピロリドン;1-メチル-5-ピロリジノン;1-メチルピロリジノン;1-メチルピロリジノン2-ピロリドン、1-メチル-;1-メチルアザシクロペンタン-2-オン;1-メチルピロリドン;N-メチルピロリドン-(2);N-メチルピロリドン-2-オン;メチルピロリドン。1-Methylazacyclopentan-2-one;Agsolex 1;N 0131;N-Methyl-gamma-butyrolactam;Micropure ultra;NSC 4594
  • この種のパーマネントリンクです。 この種のブックマークにはこのリンクを使用して、将来の参考にしてください。
  • このページの情報:
    • 相変化データ
    • 注意事項
  • 利用可能な他のデータ。
    • 気相熱化学データ
    • 凝縮相熱化学データ
    • 気相イオンエネルギーデータ
    • IRスペクトル
    • マススペクトル(電子イオン化)
    • UV/Visibleスペクトル
    • ガスクロマトグラフィー
  • NISTの他の公開サイトのデータです。
    • Gas Phase Kinetics Database
  • オプション:
    • Switch to calorie-based units

NISTの購読サイトのデータ。

  • NIST / TRC Web Thermo Tables, professional edition (thermophysical and thermochemical data)

NISTの購読サイトでは、NIST Standard ReferenceData Programに基づいてデータを提供していますが、アクセスには年会費が必要です。この料金は、これらのサイトに含まれるデータコレクションの開発に関連する費用を回収することを目的としています。

Phase change data

Go To:

Data compilation copyright by the U.S. Secretary of Commerce on behalf of the U.S.A.All rights reserved.

Data compiled as indicated in comments:
BS – Robert L. Brown and Stephen E. Stein
TRC – Thermodynamics Research Center, NIST Boulder Laboratories, Kenneth Kroenlein director
AC – William E. Acree, Jr, James S. Chickos
ALS – Hussein Y. Afeefy, Joel F. Liebman, Stephen E. Stein

単位 方法th 参考文献 コメント
Tboil 475.2 K N/A Weast and Grasselli, 1989 BS
単位 Method Reference Comment
Tc 721.7 K N/A Gude and Teja, 1994 TRCで割り当てられた不確かさ=0.5 K; by the flow method; TRC
Tc 721.8 K N/A Teja and Anselme, 1990 TRCによって割り当てられた不確かさ=0.4 K; TRC
単位 方法 参考文献 コメント
Pc 45.20 bar N/A Gude and Teja, 1994 TRCで割り当てられた不確かさ=0.25bar; by the flow method; TRC
単位 方法 参考文献 コメント
ρc 3.22 mol/l N/A Teja and Anselme, 1990 TRCによって割り当てられた不確かさ=0.06 mol/l; TRC
単位 方法 参考文献 コメント
ΔvapH° 61.9 kJ/mol EB Chylinski, Fras, et al, 2004 352からのデータに基づいています。 – 378. K.; AC
ΔvapH° 54.88 ± 0.13 kJ/mol V Steele, Chirico, et al, 1990 著者は、データが以前に報告された値と異なることを認識していた。 ALS

減圧沸騰点

となります。

沸点(K) 圧力(bar) 参考文献 コメント
354.7 0.013 Aldrich Chemical Company Inc, 1990 BS

気化のエンタルピー

となっています。

ΔvapH(kJ/mol) 温度(K) 方法 参考文献 コメント
49.5 N/A Palczewska-Tulinska and Oracz, 2007 380からのデータに基づいています。 – 475. K.; AC
53.1 GS Linek, Wichterle, et al., 1996 330からのデータに基づいています。 – 373. K.; AC
53.4 EB Kneisl and Zondlo, 1987 340からのデータに基づいています。 – 476. K.; AC
47.7 EB Kneisl and Zondlo, 1987 340からのデータに基づいています。 – 476. K.; AC
49.2 A Stephenson and Malanowski, 1987 361からのデータに基づいています。 – 477. K. Dykyj, 1972.; AC
55.3 A Stephenson and Malanowski, 1987 291からのデータに基づいています。 – 299. K.; AC
49.3 N/A Bludilina, Baev, et al., 1979 333からのデータに基づいています。 – 473. K.; AC

核融合のエンタルピー

ΔfusH (1,000,000,000,000,000,000) ΔfusH(kJ/mol) 温度(K) 参考文献 コメント
18.1 248.5 Lisicki and Jamróz, 2000 AC

このサイトから入手できる熱力学研究所(TRC)のデータに加えて、さらに多くの物理的および化学的特性データがあります。

本サイトの熱力学研究所(TRC)のデータに加え、以下のTRC製品からも多くの物理的・化学的特性データが得られます。

  • SRD 103a – Thermo Data Engine (TDE) – 純粋な化合物のデータ。
  • SRD 103b – Thermo Data Engine (TDE) for pure compounds, binary mixtures and chemical reactions
  • SRSD 2 – Web Thermo Tables (WTT), “lite” edition
  • SRSD 3 – Web Thermo Tables (WTT), プロフェッショナル版
  • SRD 147 – Ionic Liquids Database
  • SRD 156 – Clathrate Hydrate Physical Property Database

Go To: Top, Phase change data, Notes

Data compilation copyrightby the U.S. Secretary of Commerce on behalf of the U.S.A.All rights reserved.

Weast and Grasselli, 1989
CRC Handbook of Data on Organic Compounds, 2nd Editon, Weast,R.C and Grasselli, J.G., ed(s)., CRC Press, Inc,

Gude and Teja, 1994
Gude, M.T.; Teja, A.S.,The Critical Properties of Several n-Alkanals, Tetralin and NMP,Experimental Results for DIPPR 1990-91 Projects on Phase Equilibria and Pure Component Properties, 1994, 1994, DIPPR Data Series No.2, p.174-83.

Teja and Anselme, 1990
Teja, A.S.; Anselme, M.J.,The critical properties of thermally stable and unstable fluids. II. 1986年の結果,AIChE Symp. Ser., 1990, 86, 279, 122-7.

Chylinski, Fras, et al., 2004
Chylinski, Krzysztof; Fras, Zbigniew; Malanowski, Stanislaw K.,Vapor-Liquid Equilibrium for Propylene Glycol + 2-(2-Hexyloxyethoxy)ethanol and 1-Methyl-2-pyrrolidone + 1-Methoxypropan-2-ol “8224”, J. Chem. Chem. Eng. Data, 2004, 49, 1, 18-23, https://doi.org/10.1021/je034096zに記載されています。

Steele, Chirico, et al., 1990
Steele, W.V.; Chirico, R.D.; Nguyen, A.; Hossenlopp, I.A.; Smith, N.K.,Determination of ideal-gas enthalpies of formation for key compounds,Am. Inst. Chem. Eng. Symp. Ser. (AIChE Symp. Ser.), 1990, 138-154.

Aldrich Chemical Company Inc.1990
Aldrich Chemical Company Inc.Catalog Handbook of Fine Chemicals, Aldrich Chemical Company, Inc, Milwaukee WI, 1990, 1.

Palczewska-Tulinska and Oracz, 2007
Palczewska-Tulinska, Marcela; Oracz, Pawel, Vapor Pressures of 1-Methyl-2-pyrrolidone, 1-Methyl-azepan-2-one, and 1,2-Epoxy-3-chloropropane, J. Chem. Chem. Eng. Data, 2007, 52, 6, 2468-2471, https://doi.org/10.1021/je700398k.

Linek, Wichterle, et al., 1996
Linek, Jan; Wichterle, Ivan; Marsh, Kenneth N.,Vapor-Liquid Equilibria for N- Methyl-2-pyrrolidone + Benzene, +Toluene, +Heptane, and +Methylcyclohexane,J. Chem. Chem. Eng. Data, 1996, 41, 6, 1212-1218, https://doi.org/10.1021/je9601826に記載されています。

Kneisl and Zondlo, 1987
Kneisl, Philip; Zondlo, John W.,Vapor pressure, liquid density, and the latent heat of vaporization as functions of temperature for four dipolar aprotic solvents,J. Chem. Chem. Eng. Data, 1987, 32, 1, 11-13, https://doi.org/10.1021/je00047a003.

Stephenson and Malanowski, 1987
Stephenson, Richard M.; Malanowski, Stanislaw,Handbook of the Thermodynamics of Organic Compounds, 1987, https://doi.org/10.1007/978-94-009-3173-2.

Dykyj, 1972
Dykyj, J.,Petrochemia, 1972, 12, 1, 13.

Bludilina, Baev, et al., 1979
Bludilina, V.I.;Baev, A.K.;Matveev, V.K.;Gaidym, I.L.;Shcherbina, E.I.,Zh. Fiz. Khim., 1979, 53, 1052.

Lisicki and Jamróz, 2000
Lisicki, Zygmunt; Jamróz, Malgorzata E.,(Solid + Liquid) equilibria in (polynuclear aromatic+ tertiary amide) systems,The Journal of Chemical Thermodynamics, 2000, 32, 10, 1335-1353, https://doi.org/10.1006/jcht.2000.0685.

Notes

Go To: トップ、相変化データ、参考文献

  • この文書で使用されている記号。

    td

    tr

    Pc 臨界圧力
    Tboil 沸点
    Tc 臨界温度
    ΔfusH 融解のエンタルピー
    ΔvapH 気化のエンタルピー
    ΔvapH° 標準状態での気化のエンタルピー
    ρc 臨界密度
  • データはNIST Standard Reference Database 69より。
  • The National Institute of Standards and Technology (NIST)は、データベースの高品質なコピーを提供し、そこに含まれるデータが健全な科学的判断に基づいて選択されていることを確認するために、最善の努力をしています。
  • NIST Standard Reference Data製品のカスタマーサポート

li

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です