Noon Edition

匂い(科学者が言うところの嗅覚)は、多くの魚にとって重要な感覚です。 鼻孔のように見える小さな穴は「鼻」と呼ばれています。

魚の嗅覚システム

すべての魚がまったく同じ方法でこの鼻から水を出し入れしているわけではありませんが、魚の強い嗅覚の鍵となるのは、この感覚パッドの上で水を素早く動かす能力です。

ある種の魚は、動かなくても、繊毛と呼ばれる小さな毛を使って水を嗅覚系に送り込むことで、化学物質のシグナルを受け取ることができます。

感覚パッドが化学的な信号を拾うと、それが魚の前脳に伝達され、前脳が信号を解釈して魚に適切な反応を促します。 化学物質が餌のシグナルであれば、魚は餌を追いかけ、危険なシグナルであれば、逃げます。 しかし、魚は化学物質を様々な方法で利用しています。

また、優れた嗅覚を持つことで知られるサケは、自分が生まれた川を感じ取り、産卵のためにその川に戻ってくることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です