PQRST疼痛評価法

痛みは主観的なものであるため、自己報告がゴールドスタンダードであり、最も正確な痛みの測定法であると考えられています。 痛みを評価するPQRST法は、患者の痛みを正確に表現し、評価し、記録するための貴重なツールです。

看護師は、PQRST評価のための具体的な質問を用いることで、患者が痛みをより正確に報告するのを助けることができます:

P = Provocation/Palliation

痛みが始まったとき、あなたは何をしていましたか? 何が原因で痛みが生じましたか? 何がそれを良くも悪くもしますか? 何が引き金になっていると思いますか? ストレスですか? 姿勢?

何がそれを和らげますか? 薬、マッサージ、温熱・冷熱、体位の変更、活動、休息?

何がそれを悪化させるか? 動かす、曲げる、横になる、歩く、立つ?

Q=Quality/Quantity

どんな感じですか?

R = Region/Radiation

その痛みはどこにあるのか? 痛みは放射状に広がりますか? どこに? 周りを移動するような感じですか?

S = Severity Scale

痛みは0から10の間で、0は痛みがなく、10はこれまでで最もひどい痛みであるとすると、どのくらいひどいですか? 活動に支障をきたしますか? 最悪の状態はどれくらいですか? 座ったり、横になったり、ゆっくりしたりする必要がありますか?

T = Timing

いつ/何時頃から痛みが始まったか? それはどのくらい続きましたか? どのくらいの頻度で起こっているか:1時間ごと? それは突然ですか、それとも徐々にですか? 最初に痛みを感じたとき、あなたは何をしていましたか? 痛みを感じるのはいつですか:昼間、夜、早朝? それによって目が覚めたことはありますか? それは何か他のことにつながりますか? 他の徴候や症状を伴っていますか? 食前、食中、食後に起こることはありますか?

Documentation

正確な痛みの評価を容易にすることに加えて、慎重かつ完全な文書化は、患者が最高品質の疼痛管理を受けることを確実にするために、すべての適切なステップを踏んでいることを証明します。

  • 患者が痛みの尺度を理解していることを記録することが重要です。
  • 現在の治療法による痛みのレベルに対する患者の満足度。 痛み止めを飲む前と、痛み止めを飲んだ後の痛みのレベルを患者に尋ねる。 患者の痛みのレベルが許容できない場合、どのような介入が行われたか
  • 介入後のタイムリーな再評価と治療への反応。 患者の反応を引用する。
  • 医師とのコミュニケーション。
  • 提供された患者教育と、学習に対する患者の反応。 患者が言語化できる、実演できる、説明できるなどの裏付けのある評価をせずに、「患者が理解している」と書かないこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です