Sinus Headache or Tooth Infection?

How Teeth Can Affect Your Sinuses

副鼻腔炎が治った後、歯が痛くなった経験はありませんか?

副鼻腔炎の原因の10%は歯の感染であることが知られています。 上顎第一大臼歯の上顎洞への位置は、通常、歯の感染に起因する副鼻腔感染の主要な原因の1つです。

歯の感染のもう一つの一般的な原因は、口内で細菌が形成される結果となる、口内の衛生状態の悪さです。

口内の衛生状態の悪さは歯の感染への唯一の道でしょうか

答えはノーです!

歯が強く叩かれると、細菌が歯髄室に入り込み、細菌で満たされて感染症を引き起こします。

How Do To Tooth Infections Enter the Body?

最も危険な感染症は、未治療の歯の感染症からバクテリアが血流に入ることで起こります。

お口の健康と定期的な歯科検診は、全身の健康法を実践する上で非常に重要です。

感染した歯は自然に治るのか

ここでも答えは「ノー」です。 感染が拡大すると、免疫システムが弱まります。

歯と副鼻腔の感染が重なると、リンパ節や首にまで広がる可能性があります。

歯と副鼻腔の感染が重なると、リンパ節や首にまで広がり、喉が炎症を起こしたり、呼吸が困難になったりします。

積極的に行動する

「知識は力なり」とはよく言ったものです。

歯ぐきの色や状態にも気を配りましょう。

もし慢性的な副鼻腔の問題を経験しているなら、口の中で何か深刻なことが起こっていないかどうかを確認するために、歯科医に確認してください。

歯や歯茎の見た目の変化に気づくことで、全身の健康状態の変化にも気づくことができます。

Rotem Dental Careに相談して、お口の健康を最高の状態に保つ方法を学びましょう!

Rotem Dental Careのホームページはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です