Stereotactic Biopsy of Segmental Breast Calcifications: Is Sampling of Anterior and Posterior Components Necessary?

根拠と目的。 マンモグラフィ上の分節性石灰化のコアニードルバイオプシーの結果は、外科的管理に直接影響を与えることができます。 乳房の大きさにもよりますが、5cm以上のがんは通常、乳房切除術で治療し、5cm以下のがんはランペクトミーで治療します。 マンモグラフィで5cmを超える形態的に類似した部分石灰化の定位生検へのアプローチは、地理的にも様々であり、現在は主に外科医または腫瘍内科医の好みに基づいている。 臨床医の中には、異常の前側と後側を生検することを好む人もいれば、異常内の単一の生検で十分であると考える人もいる。 乳房切除の必要性を立証するために石灰化の単一生検が適切かどうか、あるいは病変の範囲を明確にするために病理学的に証明された前部および後部成分の癌が必要かどうかを裏付けるデータは十分ではない。 本研究は、疑わしい分節性乳房石灰化に対するペア生検のコンコーダンス率を評価することを目的としています。

材料と方法。 当院の画像データベースの5年間のレビューから、マンモグラフィでBI-RADS(Breast Imaging Reporting and Data System)4または5の分節性石灰化を有する32人の被験者が特定され、前方および後方の定位生検を受けた。 対になった生検の結果を独立して分析し、良性、高リスク、または悪性の病理の一致を確認しました。

結果。 32例のうち、良性、高リスク、悪性のいずれの所見においても、前方と後方のペアで完全に一致(32/32例=100%一致、95%信頼区間=89.3-100%)していた(kappa=1、P < 0.001)。

結論です。 疑わしい、形態的に類似した、5cm以上に及ぶ分節状の石灰化の前側と後側の病理学的一致に関するデータがないため、定位生検の臨床的アプローチが多様になっている。 我々の研究では、病理学的な一致率が100%であったことから、1回の生検が診断に十分であり、マンモグラフィの異常全体を代表するものであることが示唆された。 この方法を導入することで、不必要な生検や手術を減らし、医療費を最小限に抑え、患者の罹患率を下げることができる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です