The Beatles Final Rooftop Concertについての5つの奇妙な事実

Appleの屋上で演奏するビートルズ

Facebook shareTwitter share

パンスト。 キューカード、女性の服。

パンスト、キューカード、女装……など、ビートルズの最後のライブでは不思議なことが起こりました。…

ビートルズは1969年1月30日、ロンドンのサヴィル・ロウ本社の屋上で最後のライブを行いました。

それはドキュメンタリー映画「ゲット・バック」のクライマックスとして企画され、後に「レット・イット・ビー」となりました。

Apple Corpsの屋上はとても寒く、Rolling Stone誌によると、レノンはオノ・ヨーコの毛皮のコートを借り、リンゴ・スターは妻モーリーンの赤いレインコートを着なければならなかったそうです。

マイクは女性用のパンストに包まれていました。

ドラムやギターを録音するデリケートなスタジオマイクにも冷たい風が吹きつけ、Rolling Stone誌によると、テープエンジニアのアラン・パーソンズはその日の朝、女性用のパンストを買いに行かされたそうです。

「デパートに行って『パンストが3組欲しい』と言ったんだ」とパーソンズはGuitar Player誌に語っています。 “

警察に捕まった

彼らの即興の屋上ライブは、昼休み中の多くの都会の労働者を喜ばせ、交通渋滞が起きるほどでした(予想通り)。

このビデオでは、当日勤務していた警察官Ken Wharfeがその時の様子を語っています。

John Lennon needed cue cards to remember the lyrics.

多くの曲の歌詞を書いたにもかかわらず、John Lennonは歌詞を覚えるのに苦労していました。

2年ぶりのライブだった

ラストコンサートと呼ばれていることは有名ですが、この屋上でのライブも2年ぶりのライブでした。

歴史的な屋上コンサートでビートルズが「Don’t Let Me Down」を演奏する様子をご覧ください:

「Don’t Let Me Down」は、ビートルズの最後のコンサートと呼ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です