The Physio Rooms

あなたは腱の損傷が続いていることに不満を感じていますか? リハビリのプロセスを最適化したいと思いませんか?

前回のニュースレターでフランは、特定の食べ物を、適切な量、特定の時間に食べることで、筋断裂の回復を早めることができると説明しました。

以前は、腱の損傷と栄養についてはあまり研究されていませんでしたが、現在では、しっかりとした栄養プログラムが腱のリハビリにプラスの影響を与えるという新しい証拠が出てきています。

適切な栄養計画は、炎症プロセスにプラスの影響を与え、腱の修復を助け、休息と回復期間中の筋肉量の減少を最小限に抑えることができます。 カロリー、ビタミン、ミネラル、そして適切なバランスの多量栄養素(特にタンパク質)が不足すると、創傷治癒が損なわれ、腱だけでなく筋肉の量や機能の低下を悪化させてしまいます。 腱を断裂した場合のタンパク質の注意点を見てみましょう。 腱は、骨と筋肉をつなぐもので、約85%がコラーゲンでできています。 ですから、基本的には、腱を作るために必要な栄養素が断裂の修復に役立ちます。 コラーゲンはタンパク質で、アミノ酸と呼ばれる小さな構成要素から作られますが、腱のコラーゲンの主要なアミノ酸はグリシンとプロリンです。

良い摂取源は以下の通りです。 ゼラチン製品、大豆、鶏肉、チーズ(グリシン)。 アボカド、アスパラガス、卵、カッテージチーズ(プロリン)

ロイシン(前回の記事で筋肉の修復について説明したアミノ酸)は、食事に取り入れるべき重要なアミノ酸です。

ロイシンは、筋肉細胞の成長と修復を直接促すことが知られている唯一のアミノ酸で、腱の形成を直接促すこともわかっています。

レンズ豆、マグロ、タラ、カッテージチーズ、アーモンド、牛乳、ホエイプロテインなどから摂取するとよいでしょう。

腱の特徴の1つであり、継続的な負傷が厄介な理由でもあるのですが、腱への血流が非常に悪く、十分な栄養を供給することが困難なのです。 食事中の硝酸塩の量を増やすと(ビートルート、ほうれん草、ロケット、セロリなどが良いでしょう)、血液中の一酸化窒素の量に良い影響を与え、毛細血管をリラックスさせて広げることで、毛細血管の血流を増やすことができます。 腱の炎症は、オメガ3のサプリメント(1~2g/日)によく反応することがわかっています。 ポリフェノールの摂取量を増やすと、さらに効果が高まります。 ブルーベリー、ブラックベリー、イチゴ、ほうれん草、オリーブ、クルミ、緑茶、70%ダークチョコレートなどが良いでしょう。

オメガ3脂肪酸とポリフェノールは互いに相乗効果を発揮し、推奨される理学療法プログラムを受ければ、腱鞘炎に伴う痛みを軽減することができるというエビデンスがあります。

フランは、2017年6月30日まで、The Physio Roomsのニュースレター購読者の皆様に20%の割引を提供しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です