World Golf Hall of Fame Induction Ceremony of Tiger Woods postponed to 2022

タイガー・ウッズは、World Golf Hall of Fame Inductionの受賞スピーチの下書きに取り組む時間が増えます。

ホールは、殿堂入り式典を1年延期し、プレーヤーズ選手権開催週の2022年3月9日に行うことを発表しました。

ウッズは3月の投票で、LPGAの偉人であるスージー・マクスウェル・バーニング氏、元PGAツアーコミッショナーのティム・フィンチェム氏、女性ゴルフ界のパイオニアであるマリオン・ホリンズ氏(死後)とともに、ホールの2021年クラスに選出されました。

これまで2021年の式典の日程や場所は発表されていませんでした。 ゴルフチャンネルが長年にわたって放映してきたこの式典が、世界的なパンデミックの影響で延期されたことを最初に報じたのはGolfweekでした。

世界ゴルフ財団の最高経営責任者(CEO)であるグレッグ・マクラフリンは、「COVID-19のパンデミックの不確実性を考慮すると、式典を1年前に延期することで、この重要なクラスを正しく認識し、称えるためのより良い機会を得ることができます。 “

式典は、「ザ・プレーヤーズ」の活動の一環として、フロリダ州ポンテベドラビーチのTPCソーグラスで開催されます。

式典は暫定的にプレーヤーズ選手権の月曜日である2021年3月8日に予定されていましたが、メジャー15勝のウッズ選手の入会式に出席することに広く関心が寄せられることが予想されることから、2022年3月まで待つことに意味があったと考えられています。 フロリダ州では、スポーツイベントへの限定的な出席が認められていますが、大規模なグループの集まりは「超拡散」イベントとしても非難されています。

世界ゴルフ殿堂は、2015年から年1回の入会式から隔年の入会式に切り替え、これまでにスコットランドのセント・アンドリュース(2015年)、米国のニューイングランド(2015年)で開催してきました。

1月には、殿堂の長期的な方向性や方針を管理するワールド・ゴルフ・ファウンデーションの理事会が、殿堂入り資格の年齢を50歳から45歳に引き下げたことで、ウッズは2021年のクラスでの殿堂入りを検討することができました。 殿堂入りメンバーのベス・ダニエル、ニック・プライス、アニカ・ソレンスタム、カーティス・ストレンジが共同議長を務め、メディアを含む20名で構成される殿堂入り選考委員会は、最終候補者10名のメリットを議論しました。

フィンチェム氏とマクスウェル・バーニング氏は、選出発表後の記者会見に参加しましたが、ウッズ氏は参加していません。

フィンチェムとバーニングは選出後に記者会見を行いましたが、ウッズは記者会見を行いませんでした。 “ワールド・ゴルフ・ホール・オブ・フェイムに選出されたことを光栄に思うと同時に、身の引き締まる思いです。 この1年間は信じられないような旅でしたし、家族や友人、ファンの皆さんからのサポートには圧倒されました。 今回の受賞は、決してあきらめずに追いかけ続けることへの究極の評価です」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です